イタリア移住の優先順位が低すぎる理由




これからイタリアに移住する可能性、
もっと言えば挑戦する予定があるかどうかで言えば、なくはない。

ただし、他に優先したい国は複数あり、
順位的には上位10位にも入らない。

ランキング圏外扱いとなっている。



私の場合、妄想としてどこの国に住むかを考えているわけではなく、
現実の問題として向き合ってきた。

初めての海外生活はマレーシア、次はフィリピンだった。

その後も居住国と言える国はなくなったものの、
海外のホテルをウロウロしながら暮らしている。

日本に戻ったのは、3年間で一週間程度だった。



そんなわけで、今は非定住生活を続けてきたが、
次に住む国も常に探しているし、
頭の中でランキングも付けている。

体は一つしかないし、上位から順番に消化していくために。

ただ単に住みたいという願望ではなく、
ビザや物価等の現実も見て考えているため、
イタリアに関しては特に低くなっている。


というのも、ヨーロッパの多くの国の場合、
シェンゲン協定という域内の移動が自由なルールがある。

この制度を利用すると、
たとえばギリシャでビザを取ってポーランドやドイツや
フランスやルクセンブルクに住めるということ。

通常は1つのビザが効力を持つのは一国限定なのが、
シェンゲン協定加盟国(ヨーロッパの大多数)なら
どこかでビザを取ると他の国にも自由に移動でき、住める。

何しろ国境を越える際にパスポートチェックがないので。



ということは、イタリアに住める状況になれば、
他のヨーロッパ諸国にも住めることになる。

最近はポーランドやチェコのような東欧に注目しているが、
イタリアよりも済むのに魅力的なヨーロッパの国は複数ある。

しかも、それぞれの国がいくつも住みたい街を持っているため、
どんどん優先順位は下がっていく。


イタリアの中で住みたい場所として真っ先に浮かぶのはローマ。

コロッセオやフォロ・ロマーノ、スペイン広場をはじめとして、
さらにはバチカンのサン・ピエトロ大聖堂も含め、
古代の歴史をそのまま刻んだ街は魅力的だった。

歩いていて楽しい街だし、たしかに魅力がある。



他にはピサのように落ち着いた街もいい。

この街はジェラートが美味しかった記憶がある。


短期ステイなら高台にあるアッシジのように、
緑に囲まれた雰囲気の村で過ごすのもいい。

十分な数のレストランがあるかは不明だが、
滞在先としては案外面白いかもしれない。

フランチェスコ聖堂の近くでなくてもいいし、
全体としても広い村ではないので
それなりに過ごしやすいような気がする。



ベネツィアは魅力は並々ならないものの、
物価、特に家賃が高い。

何しろ土地が限られた島なので、これは致し方ない。

ホテル代もヨーロッパ有数の街のため、
移住となれば生活費はかなりかかる。



仮にイタリアに住むのなら、このあたりが有力だろうか。

やや治安に不安が残るナポリや、
元デザイナーの友人が修行時代に住んでいたミラノもあるが、
個人的にミラノは良い思い出がない・・・。



イタリアを「なし」としている理由

移住先として他の国に比べて評価が低い理由、
それは人がうさんくさいこと。

かつてミラノを起点にして主要都市を縦断したが、
次々にあやしい人間が寄ってくるのが嫌だった。

中国やインドほどひどいわけではないにしても、
人間に対してストレスを感じる環境は住んでいて苦しい。


アッシジが住むのに適していそうなのは、
そもそも住民が少なく、人口密度も低いこと。

大都市よりも安全で気楽な気がする。


ミラノやローマやフィレンツェやナポリも行ったが、
この点において移住したくないと感じた。



結局のところ、イタリアに移住できるビザの条件があれば、
ヨーロッパ内でも10番目以内に入れるかどうかもあやしい。

それぐらい、興味の対象外となっている。


自然やアート、デザインの分野では魅力的だし、
ベネツィアやアッシジのように再び訪れたい街もある。

ただし、旅行で十分という印象。

わざわざロングステイをしたり、
本格的にイタリアに住みたいかと問われれば、
答えはノー。



南欧の一角として物価が安く、
ヨーロッパの中では比較的温暖であるというメリットはあっても、
やはり国民性や人柄の部分を抜きにしては選べない。

この部分の認識が変わらない限り、
今後も住む場所としての候補には入りそうにない。


なお、イタリアといえば、
ピザやパスタ・ラザニア・ジェラート等が美味しく
美食の国としても知られる。

ただし、これらの料理は各国で食べられるし、
特に東欧のピッツェリアはレベルの高いところが多い。

発祥の地という威光を除けば、
それほど意味はないというのが率直なところ。



当サイト執筆者、伊田武蔵が
海外移住の現実を無料セミナーで公開


旅行先としての魅力は別の話

初めての海外旅行でヨーロッパを周遊した際、
イタリアは縦断した。

北はミラノ・ベネツィアから始まり、
フィレンツェ、ローマ、ナポリと南に下り、
最後は港町バーリからギリシャへと移動した。

途中、日帰りでピサやアッシジにも立ち寄った。



その旅は素晴らしいものだったし、
自転車でイタリア縦断というのも面白そうだと思っている。

しかし、移住と旅行はまったく別。

旅行ではややこしい契約もなく、
ホテルやレストランに行っても難しいことはない。


しかし、部屋を借りて住むとなると、
様々な問題が起こる。

部屋の契約のこともあれば、メンテナンスもある。

問題が起きた時に、彼らが迅速かつ的確に動くかと言えば、
まず期待はできない。


移住のためにビザを取得するのであれば、
役所とも関わらなければならない。

効率が悪く使えないと悪名高いイタリアの役所と。


以前にフィリピンに住んだ際には、
日系の業者にビザ関係の仕事は極力任せた。

永住権を取るまでは観光ビザを更新していたが、
その手続きも業者にお金を払って依頼した。

その方が余計な時間や手間を取られず、ストレスにもならない。

役所とのやり取りでイライラするぐらいなら、
自分の仕事をしている方がずっと価値的。



しかし、イタリアに移住するとなれば、そうもいかない。

フィリピンのように日系業者から手厚いサポートを
受けることはできないだろう。

そうなると、直に役所とのやり取りもしなくてはいけない。

もちろん不動産会社や、オーナーとも。



そうしたことを考えると、
あの国に住むというのは大変な道のりに思えてならない。

険しい割には得られるものも多くはなく、
周辺国の方がいいように感じる。

ということで、やはりイタリアは移住よりも
旅行で訪れる国という位置付けとなる。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ