インドネシアのジャカルタは東南アジアの首都の中でも一歩出遅れている




一般的に言うとインドネシアは国内に非常に多くの人口、つまり2億人を超えるほどの世界トップクラスの人口を抱えながらも、まだまだ経済発展が進んでいないというイメージがある。

実際のところマニラやバンコクであったりとか、或いはクアラルンプールとか多くの日本人が思っているよりも新興国の首都というのはかなり進んでいて、全く発展していない場所もあるものの、一流のショッピングモールに関しては先進国と全く変わらないだけの品揃えと施設の豪華さであったりする。

ジャカルタも部分部分に豪華なコンドミニアムであったりとか、ショッピングモールというのを見かけることがあるので、思っている以上に発展しているのではないかと思っていたが、幾つかのショッピングモールを見てみたり、或いは街のエリアを視察していたりするとそうでもないというのが率直な感想。

例えばいま泊まっているブロックMという地区にはプラザブロックMであるとか、或いはブロックMスクエアと言うところがあるが、こちらは両方とも非常に寂れている。

ブロックMスクエアというのはローカルな人向けのかなり安い服であるとかそういったものを売っている店で、そもそもショッピングモールといっても外国人向けのものではない。

これに対してプラザブロックMに関して言うと外見はかなりきれいに出来ているものの、中に入ってみると閑散とした感じがするし、非常にローカル色の強い店構えになっていて、お世辞にも先進国と張り合えるとか、或いはマニラのグリーンベルトであるとかクアラルンプールのパビリオンと張り合えるような代物ではない。

勿論ジャカルタの中にも、もっと発展しているショッピングモールがあるにしても平均値を見た時にまだまだ発展の程度というのが、マレーシアやフィリピン等と比べると落ちているという印象を受けた。

こういったことと言うのは一回来たくらいでは見落としてしまうこともあるし、実際私も二回目の訪問でジャカルタについては大分イメージが変わってきた。

そしてその方向性というのが基本的に悪い方向というか、思ったよりも未発展であるという方向に変わってきている。

本来であれば2年経っているので、その間に成長しているということもあるはずではあるものの、同じ街に行ってみるとほとんど風景が変わっていなかったりであるとか、或いは空港の前での客引きも全く進歩していない、まだ未整備のままであるとか、そういったところを見ると急成長を遂げているというのが本当であるのかどうか、若干疑問に思ってしまうところもある。

更に言うと生活の基盤となるインフラが非常に弱いので、それもまた発展のスピードを遅らせている原因なのではないかと思う。

例えばローソンが現地で苦戦している要因の一つとして、思っているような物流システムを構築出来ていないという話がある。

日本であれば一日に3回、POSシステムと連動している物流を利用することによって商品の実際の在庫と補充量を出来るだけ誤差を少なくするという試みがあるが、ジャカルタの場合、物流の時間が読めないためにそういったことが全く出来ないらしい。

こういった要素によってますます発展が遅れてしまうとすれば、それは非常に残念なこと。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ