ジャカルタはかなり騒がしい




このジャカルタという町にやってきて感じているところは、ホテルの中も外もかなり騒がしく、静かな環境というのはなかなか得られないということ。

例えば私が泊まっているあるホテルだと、1階にバーがあって、そこでバンドの生演奏が始まると、建物中に音が響くとか、あるいは一昨年に来た時であれば、深夜の12時を過ぎても近くで工事を行っていたり、あるいはセブンイレブンの前で何かのイベントがあって、そこでも音楽が大音量で演奏されているとか、こういったことが昼夜を問わず行われている。

更に言えば、音楽ばかりがうるさいわけではなくて、人の声というのも非常に大きい。

実際ホテルにいると、廊下で携帯電話で大声で話している人がいるとか、あるいは町を歩いていても、客引き等の勧誘が非常に大きな声でやってくるので、びっくりすることがある。

こういったことというのは、例えば中国などでは、普通に見られることではあるが、ジャカルタでもそういった傾向があるというのはかなり残念なこと。

私は静かな環境が好きだし、やたらと大声を出す人が好きではない。

そういった意味で言うと、今回のジャカルタ訪問はかなり失望させられることが多かった。

ジャカルタについては前回来た時には、それなりに好印象があったものの、今現在ではとても住めるような場所ではないというのが率直な感想。

こう言ってはインドネシアの人に失礼かもしれないが、まだ向こう10年は移住環境として整わないのではないかと今回感じている。

インフラ面ということもそうだが、人々のマナーとか、そういったところでいってもかなりストレスを感じることが多い。

例えばホテルの朝食を食べるレストランのスペースであっても、室内にもかかわらず、禁煙になっていない場所もあれば、更に禁煙になっていても当たり前のような顔をして、たばこを吸っている人というのは多い。

こういったところも非常に空気が悪くて、住みやすくはないと感じる。

インドネシアの場合、普通に入国をすると、空港に到着した際に、30日のビザを購入することになるので、逆に言うとそれ以上の期間滞在する場合には、何かしらの手続きをしなければいけないことになる。

今回特に期限を設けずにジャカルタにやってきたが、30日を超えて滞在するというのは、かなりストレスも溜まるし、残念ながらそれだけのメリットはこれといって見い出すことはできない。

例えば、タイやフィリピンに比べてかなり未整備な部分が多いからといって、ではそれに見合うコストで生活ができるのかということになると、意外にそうでもなく、結局中級ホテルの金額を比べた場合、あるいは日本食レストランで食事をとる場合、こういったことを考えてひと月の生活費、あるいは旅費というのを算出してみると、バンコクやマニラに滞在するのと特に金額は変わらない。

こうなってくると、わざわざジャカルタを何回も訪れたり、あるいは長期で滞在するメリットというのは、見い出すことはできなかった。

そしてまたジャカルタなインフラが整備された頃には、こういった金額というのも上がってくるはずなので、その時にはまたこの町にやってくるメリットはないのかもしれない。

少なくともバンコクのレベルまで上がるだけでも、5年ぐらいでは足りないと思うので、当面はこの町からは距離を置くことになるのではないかと思う。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ