ジャカルタの水道水から海の潮の香りがする




水道水の質というのが各国で違うということは、昔から指摘されているところだし、日本のように水道水を飲める国というのはかなり限られている。

インドネシアのジャカルタにやって来て感じているのは、水道水から海の潮のような香りがしているということで、明らかに綺麗ではないということが窺える。

とても飲む気にはなれないし、飲まなくてもうがいの際とか、口に入らないように気をつけてしまう。

この臭いというのは実際にジャカルタは海が近いということもあるが、それ以外にもどぶ川でも同じ臭いがした。

単なる塩分の感じというよりは本当にビーチ沿いに行っているような感じで、臭いだけを感じると悪いものではないが、さすがにそれが水道水とかどぶ川から共通して漂ってくるものとしてはかなり不安なところがある。

当然ながらジャカルタではペットボトルの水を購入して飲んでいるので、水道水を直接飲むようなことはないが、それでもシャワーを浴びる時には使うわけだし、こちらではランドリーが見つからなかったので仕方がなく自分で手洗いをしているので、服を洗う時にも使っている。

こういったインフラの改善というのはまだまだ進んでいないところだし、今後のインドネシアの課題になっていくと思う。

先日、フリーペーパーで読んだアンケートだと、中国人観光客が最も不満を覚える旅行先がジャカルタということだった。

その理由としてはまだまだインフラが整備されておらず、不便な思いをするからということ。

中国人がそれを指摘するのもどうかとは思うものの、確かにジャカルタという街はまだまだインフラの面は弱く、例えば空港から市内にアクセスするにもバスを使うかタクシーを使うかの二択が迫られる。

ちなみに以前だとメーター制のタクシーを拾って市内まで千円ちょっとで行っていたのが、今回は二千円に統一されたということで、メーターではなく最初に二千円を払って、そのまま市内まで行くという方法に変わっていた。

二年間の間にルールが変わったのか、或いは一部のタクシー会社等だけに適応される方法なのかは分からないが、実際に到着するときには特にお金を請求されるようなこともなかったし、トラブルも起こらなかった。

とはいえいちいちタクシーを使うしかないというのは不便だし、そもそもジャカルタというのは非常に渋滞が激しい街。

今回は40分ほどで到着することが出来たが、前回は2時間以上かかっている。

このように時間が読めないということを考えても、空港からの鉄道の一本も通すということはほとんどの国がやっていることなわけだし、まだまだそういったインフラが弱いということがこの事情からも窺える。

インターネットもあまり早いホテルというのが見当たらず、幾つかのホテルに泊まってみているが、どれもいまいちな感じ。

これはジャカルタが極端に遅いというわけではなくて、クアラルンプールやバンコクと比べても同等程度のホテルというのもあるので、その点は大きな不満とまでは言わないが、やはり便利と断定できない状態にはなっている。

水道にしても、あるいはイタリアン等のレストランの多様性にしてもまだまだ改善の余地はあるし、そういったところについては今後の将来性ということで期待できるところがある一方、まだまだ時間がかかる街ではないかという印象がある。

まだしばらく滞在は続ける予定なので、色々とこの街の事情というのも探っていこうと思う。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ