ジャカルタでもワールドカップの応援がされている




こちらのセブンイレブンに入ってみても、各国の国旗を彩ったサンダルであるとか、あるいはタオルが販売されていた。

明らかにワールドカップを意識した販売戦略というのはこの国でも行われている。

インドネシアというのは、特にサッカーが強いという話を聞いたことはないし、実際今回のブラジルワールドカップにしても、出場国の中に名を連ねているわけではない。

そういった意味でいうと、かつての日本のようなもので、自分のところが出場するわけではないどころか、そもそも出場する可能性が実質的に今現在ではゼロというのが、インドネシアの現状。

それでもワールドカップというのは、しっかりと盛り上がりを見せている。

更に言うと、日本代表戦に関しては、ジャカルタ在住の日本人が集まって観戦をしているということも行われている模様。

というのも、ブロックエムにあるバイトアンドビアーというバーのような店では、グループ予選の3試合ともに、観戦の集まりというのが催されていて、尚且つそこで得た収益の一部は、インドネシアの子供たちにサッカーボールをプレゼントするという形で、社会に還元されるという。

当然ながら、ブラジルでワールドカップをやっているので、日本と時差が2時間しかないインドネシアにおいても、夜中であるとか、早朝とか、そういった時間帯にも試合は開催されることになる。

確かこちらの時間で、午前5時から、つまり早朝から始まる試合というのもあったはずだが、それについてもどうやら観戦の集まりというのがあるらしい。

こうなってくるとおそらく多くの人は、徹夜をしてそこに参加することになるのだと思うが、別にそれによって会社が休みになるということでもないだろうから、徹夜をして朝騒いでそのまま今度は仕事というかなりハードスケジュールになる。

私はそういったことをするつもりはないので、いつも通り寝て、いつも通り目が覚めるまで特にアラームを鳴らしたりとかもしないし、日本代表戦を観戦しているわけでもない。

食事をしていたりすると、ブロックエムの場合、日本のニュースが流れているようなこともあるので、そういった所で得点シーンだけを見たりとか、あるいはネット上で試合の結果については目にすることはあるが、90分間丸々試合を見ているとか、そこまでのことをするつもりは特にない。

グループ予選の3試合に関して言うと、友人が現地に観に行っているということもあるが、私も今年か来年にはおそらく、一度ブラジルには足を運ぶことになるのではないかと思う。

これは別にサッカーとは全く無関係で、ワールドカップの時期には全く間に合わない。

かと言って、別にオリンピックに合わせていくというわけでもなく、普通に何でもない時のブラジルの様子というのを見てきたいと思う。

むしろ、ワールドカップとかオリンピックとか、そういった人が集まる時期というのは、航空券を取るだけでも大変だし、当然ながら飛行機の機内でも空席というのはなく、かなりぎゅうぎゅうで、息苦しい思いをすることになる。

更に言えば町中にも人が多く、ホテルでも騒がしくといったことでメリットはないので、できるだけ何もない時期に行ってきたいと思う。

とは言え、偶然にもバンコクの水かけ祭りに遭遇してしまったりするように、たまたまばったり何かのイベントにバッティングするという可能性もあるが、基本的にはそういったものを狙って行く予定というのはない。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ