ジョホールバルの主要エリア解説


二年以上ジョホールバルにすんでいたのでそれなりにジョホールバルの土地勘というのは持っている。

そこで今回はそれぞれの主要エリアがどのような特徴を持っているかということについて語ってみたいと思う。

まず一つ目はJBセントラルと呼ばれる地域。

これは簡単に言うとシンガポールとの国境である水道橋コーズウェイと呼ばれるところが隣接している町で、一応ジョホールバルの中心部ということになっているショッピングモールのシティスクエアやジョホールバルの中央駅もこのエリアに位置している。

一応はジョホールバルの中央ということになってはいるものの実際問題としてこのエリアが発展しているかというとそういうわけでもない。

実際にいってみた人はわかると思うがシティスクエアというショッピングモールがあるほかはすぐ近くにも雑居なビルがあったり、あるいはアジアの雑貨店のようなものが並んでいたりといった環境なのでクアラルンプールの発展振りとはまったく違った状況がそこにはある。

このJBセントラルと呼ばれている地域に隣接しているのがダンガウェイでこちらはいわゆる海沿いの町ということになる。

海の向こうにはシンガポールがあるので遠泳に自信のある人でだったら距離的には泳いでいくことができる。

もちろんここを泳いで行ってしまうと入国の際に問題があるのでいくら泳げる距離だからといって泳いでいくのは問題があるがあくまでも距離の問題でいえばそれが可能なくらいにすぐ近くにシンガポールが見えている。

ここには外国人向けのレストランやあるいは小さな遊園地そして王宮やジョホールカントリークラブといった物件も立ち並んでいる。

そして最近不動産投資家の間ですっかり話題になっているのがヌサジャヤ地区。

こちらはジョホールバルの市外からさらに西にいったところにあって大規模な土地の開発が進んでいる。

マルボロカレッジのような名門校も誘致されているし、レゴランドができたりエデューシティやパインウッドスタジオさらには商業地区であるメディニチクが開発されたりといったことが進んでいる。

このエリアに関していうとプテリハーバーやホライズンヒルズ、レダンハイツといったコンドミニアムも造られている。

不動産投資家の間で言うとこのヌサジャヤ地区が最も注目されているエリアである一方であまりにも広大すぎるのと需要と供給のバランスがとれていないということも指摘されていて今後もしかすると大ゴケする可能性もあるという落とし穴を抱えているエリアといえる。

私が以前住んでいたのはパーマスジェアと呼ばれる地域でこちらは先ほどのJBセントラルよりもさらに東のほうに位置して橋を渡ったあとに出てくる町ということになる。

こちらでいうと日本人が最もジョホールバルで多く住んでいるストレーツビューコンドミニアムというところもある。

他にジャスコ等があって生活するにはそれなりに便利な地域となっている。

それ以外にもタマンペランギといった地域であればかつて日本人が最も多く住んでいたストラングビューというコンドミニアムがある。

このストラングビューというのはストレーツビューコンドミニアムができてから日本人の居住者がだいぶ途絶えてしまって今ではある程度古びてしまっているものの、すぐ近くに日本食レストランがいくつかあってヤオキやツキといったレストランもあり生活するにはなかなかいい地域ではないかと思う。

さらに言うとタマモリックという高級住宅街もありこちらは非常にセキュリティがしっかりしていて、町ぐるみでの犯罪率というのは非常に低いことで知られている。

さらにいうとマレーシアの中でも最も多くの金融機関が集中している通りもあり、こちらも不動産投資家から注目されてるエリアということになる。


ページの先頭へ