ジョホールバル緊急勉強会を決定




ついに来てしまった。

避けられないとは分かっていたが、
正式に発表されると衝撃を受けずにいられなかった。



マレーシア・ジョホール州のカレド・ノルディン首相によって、
ジョホール州で外国人が購入できる不動産物件の最低金額が
5月1日より引き上げられることが発表された。


現在の段階では、外国人が購入できる不動産は
50万リンギット(約1,500万円)以上。

これが倍の100万リンギット(約3,000万円)以上に
引き上げられることになる。




ペナンがマレーシアで初めて同様の措置を行ってから、
それが全国に波及する可能性は指摘されていた。

とうとうジョホールバルにも・・・。

従来の50万リンギットから、
100万リンギットに引き上げられることになった。


5月1日より前に
ジョホール州が許可したプロジェクトについては、
今回の最低価格の金額の引き上げの対象外。

とは言え、今後チャンスは大幅に狭まることになる。





もはや残されたチャンスは2ヶ月を切っている。

そこで、
ジョホールバル不動産緊急勉強会を
開催することにした。


この勉強会は、
私から一方的に教えるようなものではない。

私は一投資家としての立場で参加するので、
お互いに情報を持ち寄って意見を交わすことになる。

投資家が集まって情報のやり取りをすることで、
より適切な判断ができるように。



というのは本音でもあるが、建前でもある。

やはりプロの講師を呼んで、
色々話を聞きたいというのが
気持ちの一部にはあったりする。


さすがに私一人のために呼びつけるわけにはいかない。

そこまでハートが強くはないので。



しかし、こうして勉強会という体裁を取ることで、

「多くの参加者がいるので、よろしければ・・・」

という話も持ちかけやすくなるもの。



実はそんな下心もある。




私自身、2011年2月から2013年3月までは
ジョホールバルで2年間の投資修行を行ってきた。

まさに思い入れの深い街。


今回の1件をきっかけに、
私自身も改めてもう一度確認してみたいと思う。




勉強会の概要だが、参加は無料。

ただし、こうしたコミュニティーを作ると面倒なのが、
他の不動産業者が入ってくること。

自社(もしくはパートナー企業)の案件に
誘導することを目的にした人が
入り込む例は少なくない。

一目で分かるバレバレなやり方ばかりではなく、
手の込んだ間接的にやり方のことも。


事実、私の友人もそれで大きな被害を受けたことがある。



そこで、今回の勉強会の参加には
必ず実名での登録が必須となる。

これは本来の趣旨と関係のない目的でやって来る
悪質な業者を寄せ付けないための防御壁とするため。

そのため、本名のフルネーム以外の登録は削除する。




なお、勉強会はフェイスブックグループを作って行う。

私はマニラにいるし、
次はクアラルンプールに行く予定。

住んでいる場所も参加者それぞれで違う上に、
スカイプ等で勉強会を開くのも
時間によって参加できない人も出てきてしまう。


そこで、フェイスブックグループを作り、
自由に質問や議論ができる場を作ることにした。



なお、フェイスブックグループでのやり取りは
参加メンバーのみが見ることができる。

外部からはグループの内容や参加者を
一切見ることができないように設定するので、
周囲の人に知られたくない場合でも心配は不要。

そもそも招待した人以外は、
グループの存在すら見えないようにしておくので。


投資をしていることを家族や同僚に知られたくないとか、
そういう場合でも安心して参加していただける。


なお、フェイスブックで使っている名前は
本名である必要はない。

あくまで悪質な業者が入ってこないように
本名を登録してもらうだけなので、
それを見ることができるのは私だけなのでご安心を。




メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ