時差ボケ対策のために体内時計を調整




現在はポーランドに来ているが、東欧の生活も後10日を切った。

今回はブルガリアから始まって、ルーマニア、ハンガリー、チェコ、ポーランドと移ってきたが、今現在は最後から2つ目の町であるウッチにいる。

そしてもうじき、時差5時間のバンコクに移動するので、そろそろ時差ボケ対策をしておくことにした。

一般的にアジアからヨーロッパに来る場合よりも、ヨーロッパからアジアに行く場合の方が、時差ボケによる体調不良はひどいと言われている。

実際今回のバンコクからソフィアへの移動を考えても、確かにそれは言えていた。

私の場合、ソフィアには夜11時前に到着したが、翌日には普通に町中を歩き回っていたし、特別体がだるいとか、眠いとか、体が重いということは一切なかった。

しかしながらその逆方向への移動の方が大変と言われていて、そこは若干困るところ。

特に私の場合は体が強くないので、ただでさえ移動疲れをするし、飛行機でも気持ち悪くなることもあるし、そこへ時差ボケが加わるというのは、なかなか辛いもの。

2、3日体が使い物にならないというようなことも、覚悟しなければいけないとなると、ますます長距離移動が嫌になってしまう。

そこで、予め生活リズムを前倒ししておくことによって、時差ボケを少しでも軽減することにした。

というのも、ポーランドから見ると、タイは5時間進んでいることになる。

例えばポーランドで午後1時ということは、バンコクの場合はすでに午後6時ということになる。

ということは、食事の時間や寝る時間を前倒ししておけば、朝起きる時間も自然に早まるし、そうなった時にはバンコクに到着した時に、いくらかその体内リズムが緩衝材のような形で、働くことになる。

具体的に言うと、1時間ぐらい体内時計を前倒しにしておくので、5時間の時差があるということは、それが実質的には4時間の負担に軽減できるということ。

ヨーロッパというと、例えばドイツと日本の時差は8時間なので、それと比べると今回というのは、ただでさえ5時間しかないので、そこまで辛いわけではない。

タイは日本と2時間の時差があるので、このようなことになる。

そういった意味で言うと、特に心配をしているというほどではないものの、前もって準備しておくに越したことはないし、普段とは違う時間帯で、生活をしてみるというのも、それはそれで刺激的なので、実行してみることにした。

今日もウッチのメインストリートで、夕食をとってきたが、レストランに入ったのがまだ6時前で、食事が出てきたのがちょうど6時ぐらい。

今日はケバブが食べたくなったが、所謂ラップ状のケバブというのは、どうもポーランドではあまり美味しそうな店がなく、プレートに乗っているものを注文した。

もちろん、ポーランドにいるうちは、ビールを飲みたいと思いそれも頼んだ。

今日頼んだのは、ミスカというもの。

それから帰りには、漫画家の羽海野チカ先生のような熊の銅像を見た。

熊の銅像を見て、漫画家を連想するというのもおかしな話だが、3月のライオンや、はちみつとクローバーのコミックの巻末に載っている羽海野チカ先生が、熊の格好をしているので、なんとなくそれを連想してしまった。

その後、ジェラートを買ったが、1個2ズオティという意味不明な価格だった。

日本円にすると、だいたい70円ぐらいということになる。

レモンとクッキーチョコレートのダブルにして、ホテルに戻りながら食べて帰ったが、味も普通に美味しく、ボリュームから考えても、仮にクアラルンプールであれば、シングルでも300円か400円はする内容だった。

ここら辺がポーランドの物価の不思議なところで、昨日もウッチで買ったイチゴは、500g100円ちょっとという異様な安さだった。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ