対岸から見る自由の女神は意外にも小さかった


せっかくニューヨークにやってきたので、自由の女神を見てみようと思ったものの、わざわざ間近で見ようとまでは思わなかったので、とりあえずハドソン川の向こう岸から確認してみることにした。

実際には、ソーホー地区で画廊を見て回っていたこともあって、かなり時間がかかってしまい、すっかり日が暮れたうえ、非常に寒い日だった。

幸いなことに前日のように、雨が降っている状況ではなかったので、その点だけは恵まれていたものの、とにかく寒い。

そしてようやく9.11の現場の近くを更に西に回って、ハドソン川に辿り着くことができた。

そしてそこから、自由の女神を見ることができたものの、思いのほか小さく、iPhoneで写真を撮っても、ほとんど何が写っているのかわからないレベル。

そしてその翌日、タイムズスクエアからセントラルパークに歩いていく途中に、自由の女神の扮装をしている大道芸人の人が2人いた。

少なくとも、前日の夜に見た本物の自由の女神よりははっきりと見えたものの、一人は妙に大きくコスチュームを作っているのが特徴で、もう一人は、ほとんどおもちゃのようなコスチュームで、受け狙いのようだった。

というのも、アメリカやカナダには、コスチュームを売っている店というのが色々あって、スパイダーマンであるとか、ハロウィンの仮装とか、そういったものに適したものを売っているが、そこで買ってきたのではないかというぐらいの扮装で、顔もほとんど素の状態で出てしまっているような感じだった。

これはこれである意味ニューヨークらしいところもあったので、個人的には満足だったが、本物の自由の女神も、もう少し近くで見てみたかったような気がする。

しかしながら、改めてハドソン川を渡ってまで向こうの島に辿り着きたいのかというと、そこまでする価値があるとも思えず、シンガポールのマーライオンのようなもので、近くに行ってまで見る価値はないのではないかという風に感じていた。

今回ニューヨークでは、それなりに十分な時間はあったものの、なにしろ寒いので、活動できる時間に限界があり、ひたすら外で過ごすというわけにもいかなかった。

結果的にホテルで時間を潰すことも多く、そういった意味で言うと、10月の終わりから11月の初めというのは、もうニューヨークを観光に訪れる時期としては、あまり適していないように感じる。

ましてこれから12月、1月となっていけば、益々気温が下がっていくので、ニューヨークで外を歩くのは辛くなっていくし、特に南国暮らしの私の体には堪える。

幸いなことに今日は十分に暖かく、ニューヨークに来て以来、最も気温が高いのではないかと思う。

具体的に何度なのかは電光掲示板等で見ているわけではないので、何とも言えないが、おそらく10度は軽く超えているはず。

そのおかげでこうして、セントラルパークをのんびり歩くことができたし、明日にはニューヨークを去って、フィラデルフィアに行く予定なので、その前の日にこうしてのんびりと過ごすことができたのは、非常によかった。

当面ニューヨークやアメリカに来ることはなさそうだが、今度来るとしたら、もう少し気候のいい時を選んで訪れることができればと思う。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ