フィリピンで健康診断を受診


クオータービザ取得のため、
フィリピンにて健康診断を初めて受けてきた。

エージェントの車でマカティからマニラ内のパサイ市へ行き、
そこにある小さな診療所で。

日本大使館からもかなり近い場所にあった。



今回は体調を調べるためではなく、
あくまでビザのための手続きとなるので
それに都合のいいところがセッティングされている。



健康診断の項目は検尿・検便・採血・レントゲン検査。

検尿はその場で済ませて、続いてレントゲン撮影。

小部屋の中でシャツを脱いで撮影。

一度撮影した後、何か問題があったらしく
待合室に戻ってから撮り直した。

指示の意味がよく分からず、
撮影の時に息を吐いたまま止めていたのが
どうもまずかったらしい。


その小部屋の中にはなぜか自転車が置いてあって、
すぐ近くにはコンセントとコードが伸びていた。

まさかとは思ったが、
自家発電でもするのかと目を疑ったものの
コードと自転車はつながっていた。

なぜその部屋に置いてあったのかは分からない。



最後に採血をすることになり、
シャツの袖をまくって平静を装うものの
確実に心拍数が上がっていく。

大人になったら注射嫌いが治るどころか、
30を過ぎても苦手という・・・。

目を背けるという選択肢もあるものの、
自然に注射器を凝視してしまった。



マレーシアのリタイアメントビザ、MM2Hを取る時は
問診と聴診器だけで採血はなかったと、
まだ1年もたっていない過去の回想をしていると
特に痛みもなくすぐに終わった。

痛くないことは薄々分かっているのに、
なぜかいまだに恐怖は残る。

学習能力はないのだろうか(苦笑)?



クオータービザを取るための健康診断では
聴診器による診断や問診はなかった。

英語が話せなくても特に問題はないので、
その点は簡単かもしれない。


所要時間10分ほどですべての検査を終えることができた。


永住権取得記念!
フィリピン・ビザ取得レポートを
期間限定で無料プレゼント中!



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ