海外ロングステイを繰り返した結果




私にとって初めての海外ロングステイ体験は
30代になる直前にマレーシアにやって来たことだった。

その時には長期滞在というよりも移住としてきたが、
考えてみればその2つの区別は特になかった。


そもそもマレーシアに永住するつもりだったわけではないし、
実際に2年住んだ後はフィリピンに移った。

いわゆる海外ロングステイ先として人気の2つの国を
体験したことになる。

今後も他の国に住む予定なので、
よりいっそう経験を積んでいくことはできるだろう。



私はまだ30代なので、老後に年金を頼りに
日本から離れて物価の安い国で過ごしているわけではない。

もちろん仕事はしているし、
生活費をはじめとした費用はそこから出している。

周りを見ると退職後の年金を海外で受け取りながら、
老後をのんびり暮らしている人もいる。

一方で現役世代が日本国外で就職したり、
あるいは自分のビジネスを持っているケースもある。



どちらにしても言えることは、
日本のような豊かな国でお金を稼ぎつつ、
生活するための費用が安い国で過ごすのは鉄板ということ。

その部分の価格差を取れるわけなので、
日本国内にいたら豊かな老後なんて考えられなかった人が
メイド付きの生活を送っていたりする。


私も料理をしないですべて外食で済ませているが、
それでも生活費はほとんどかからない。

日本で今の生活をしたら倍以上の費用がかかるだろう。




海外を転々としながらロングステイをするためには、
情報が必要になってくる。

今後住める国を調べていくうちに分かったことは、
特別なこだわりがない限り、
いわゆる長期滞在の人気国がやはり便利ということ。


それ以外の国はビザが取れなかったり、
日本人が住めるような環境が整っていなかったりする。

そうした問題を抱えていないとしても、
単純に情報が不足していて不便という問題もある。



マレーシア・フィリピンと移住したのは
ハードルが低かったことも決めての1つになった。

まずはビザなしでもロングステイが可能な海外の国は
実質的にほとんどない。

上記2つの国に足が向いたのは必然だったと思う。



ただ、海外ロングステイで人気の国でも
実際には住むのが難しい国もある。

たとえばオーストラリアやニュージーランド。

物価の高さを問題視する人もいるが、
その経済水準ではそもそもビザが取れない可能性が高い。

数千万円台後半以上の資産が条件となるので。


日本で退職金をもらって
老後をこれまでの貯金と年金で過ごそうと思っても、
平均的なサラリーマンにはなかなか手が届かない国になってしまった。

ビザの条件はだんだん厳しくなっていくので、
過去にビザを取ってロングステイを始めた人とは
条件が違ってきてしまっている。


これはシンガポールや香港も同様。

ハードルはすっかり高くなっている。



日本人は海外でお金持ち扱いされることが多いものの、
それは旅行の場合のこと。

海外旅行でそのような文脈で語られる理由は単純で、
狙われるから気をつけるべきというだけ。

先進国の中にも貧しい人は大勢いるし、
日本人はやはり豊かな国の人間と見られるので。



これがロングステイで必要なビザを考える際には、
先進国・資源国は日本人の平均水準では受け入れてくれない。

ちょっとした富裕層ぐらいじゃないと
向こうの基準に達していないのが基本。

そして、この傾向は今後強まっていくのだろう。


各国は移民に対する規制を強化しているし、
日本の経済が数十年単位で上向く可能性は低い。

現に国際的な影響力は弱まっている。

その中でビザ取得を先延ばしにしていけば、
住める国はどんどん限られていく可能性もある。


今は簡単にビザが取れるマレーシアやフィリピンも、
いつまでもこのままというわけではないだろうし。


ビザの情報というのは海外ロングステイを考える上で、
外せないポイントになる。




そんなわけで、色々面倒な話もあるものの、
当面日本に戻るつもりはない。

かと言って、一国に永住する気もない。

海外各国をロングステイしながら
旅をするように暮らしていくというのが私の理想なので。


そもそもアジア各国なら美味しい和食を食べられる店もあるし、
特に日本に戻る必要を感じない。

住んでいる国にどっぷりつからなくても、
日本の味を楽しんだりしながら暮らすことができているので。

そういう意味では、
海外にロングステイしているからといって、
頭の先から爪先まで新しい環境に入り浸って
慣れない体験ばかりをするわけでもない。

案外、日本も他の国も変わらない部分もあるし、
快適に暮らせている。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ