会社での人間関係が仕事のできない理由だった


かつて勤めた会社は人間関係がボロボロで、
仕事を進めるにも過剰な配慮が必要だった。

と言っても、
これは全社に言えることではなく、
私が配属された部署に特有の事情。


というのも、
暴君と言える主任がパワハラを続け、
その上の上司相手にも兵器で噛み付くために
部内が常にピリピリしていたから。

部署のトップは管理を放棄し、
主任が帰った後でコソコソ文句をいうだけだった。



そして、私が入社した時には
すでに先輩社員はほぼ潰されていて、
新人は私一人の状態。

当然、パワハラの矛先は一点集中する。

その状態が1年ほど続いた後、新しく後輩が入ってくるまでは。



この時、自分が驚くほど仕事ができないことに戸惑った。

正社員として会社に勤めるのは初めてだったので、
自分の能力がここまで低いのかと本気で心配することに。

ただ、どうも人間関係の面で問題があるだけと感じたのは、
自分の部署で教えてくれないことを
他の部署の人が教えてくれたりすること。

部署内での人間関係の悪さや、
会社の中でも異常な定着率の低さは際立っていたので、
どのような内情があるかは公然の秘密だった。

それを見兼ねて、ということだったのだと思う。



オーナーであるワンマン社長による経営で、
急に人が消えるということがしばしばある会社だったが、
最終的には私も急遽のリストらで会社を去ることになった。

今になって思えば、人が頻繁に辞めていく会社だったのに、
事前に会社に申し出て円満に辞める人はほとんどなく、
当日付けで退職することになる人が大多数だった。


そんなサラリーマン人生の終わり方を経験し、
職場での人間関係に疲れていた。

生活のために次の仕事を探す必要があったものの、
また同じような環境に身を置く羽目にならないとも限らない。

どうも自分が会社の中で組織人として働く適正があるとも思えない。



そこで、サラリーマン時代にスタートした副業を
自分の仕事にすることにした。

つまり個人事業主として独立することに。

これなら人間関係に悩まされることもないし、会社に勤めなくていい。


私が考えたのは、
取引先にこき使われる何でも屋や、
どこかの会社に生殺与奪権を握られるような
下請けにならないということ。

これでは上下の人間関係の下に付くことになり、
仕事が入ってきてもつらい状態が続く。

そうではなく、
フラットな関係で付き合える取引先以外とは
基本的にやり取りをしない方針でいくことにした。



おかげで仕事から人間関係の悩みが切り離され、
余計なことにわずらわされることがなくなった。

結果としてどうなったかというと、
サラリーマンの頃の給料とは収入の桁が変わった。

どうも仕事ができないというより、
ただ単に人間関係の調整が下手だったらしい。

会社から飛び出した途端に給料越えは果たせたし、
その後も順調に推移している。


一応業界の大御所と呼ばれる人からも仕事を任されたりもするし、
時にはそのオファーを断ることもある。

相手が大物であっても、
興味のない案件であれば断れる立ち位置にはなったので。



会社にいる頃は、人間関係のために仕事をうまく進められなかった。

部署内でも立場的に一番下だったこともあるため、
当然周囲と関わらなくてはならない。

それも直属の上司であるパワハラの実行者と。


これまで散々部下を潰してきたぐらいなので、
当然人材育成という観点なんて欠落しているから、
新人を育てる感覚も存在しない。

かつて辞めていった見ず知らずの先輩社員もそうだったのだろうし、
少なくとも後から入ってきた社員は同じ境遇だった。

実際、3ヶ月もたずに1人は辞めていった。



こうして考えると、
組織としての人間関係に向かない人は、
その時点で会社に勤めて仕事をすることに不向きということになる。

適正がある人であっても、
所属する会社や部署によってどうにもならなくなる。



こうして考えると、
サラリーマンとして平穏に暮らすのは意外に狭き門で、
国民総動員の勢いで推奨されるべきものではない気がする。

少なくても、私には向いていなかったし、
そうした人を他にも知っている。


ただ、そうなった時に進むべき道が示されていないのも事実。

世の中の大多数の人は、
会社に雇われて給料やバイト代をもらう以外、
収入を得る方法を知らない。

私も副業として手探りで始めてみたものの、
最初は何も分からなかった。



本来、個人として稼ぐ力を身につけるというのは、
生存に不可欠な条件にすら思える。

会社に頼らず生き残ることを考えれば、
自分自身で収入を得るのは必須になる。


そうしたこともあり、
今は個人として自由に、そして自立して生きる方法を
伝えていく活動も行うことにした。

かつての私のように、
会社に依存して生きていく気になれないとか、
余計な人間関係にわずらわされずに生きたいとか、
そういう人向けに。

自分の適正に合った生き方ができる人が
少しでも増えればいいと思う。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ