各国の物価を利用する生き方




色々な国を周っているとそれぞれに物価の違いがあるということを強く感じる。

アジアの中であっても、タイであればフィリピンよりも服が安いということはこれまでにも感じていたし、それは流通拠点としてバンコクをはじめとしたタイの各都市を多くの品々が回って、アジア各国に輸送されて行くということを考えると納得の話。

しかしながら、今回のようにオーストラリアまでやって来てみると、ますます物価が根底から違うということを感じる。

例えばバンコクであれば1時間千円程度で受けられるマッサージが、オーストラリアになると4千円から6千円程度が相場になる。

更に言うとこちらでもタイマッサージというものが行われているが、それであってもこれだけ金額に違いがあって、本家よりもオーストラリアにある方がはるかに高い値をつけることが出来るという皮肉な状況になっている。

当然ながら高い給料を目的にしてこちらで働きたがる人というのも多いものの、結局外国人が就労できる仕事は限られているし、なかなかビザが下りないという現状がある。

実際、ホテルでハウスキーピングをやっている人を見ても、かなりの割合でオーストラリア人であろうと思われる人が動いている。

本来であればそういった雑用的な仕事を外国人に任せて、自分の国の人間はもっとイマジネーションのある仕事とか、付加価値をつけられるような仕事に回すという考え方もあるが、そういったことが出来ない人というのも少なからずいるわけなので、結果的に誰でも受け入れるということはそうした雇用というのを失うことになってしまう。

そうしたことを恐れて外国人の規制を強めるということは、どこの国でもやっているところ。

ある意味で言えば当然のことなので、責められることではない。

こうした就労をどこでも自由に行うことは出来ないものの、消費についてはかなり話が別。

日本人であればほとんどの国にビザなしとかもしくは簡単に取れるような観光ビザで入国することが出来るので、どこで何を買うのか、或いはどのような生活水準を送るのかということは意識的に選択することが出来る。

尤も、それをやっている日本人というのは極めて少ないし、ほとんどの人は流れに身を任せているような状態だが、この物価の差に着目をして並行輸入等のビジネスを行っている人もいるし、更に言えばネットショップを開設してそこで安定的な収入を得ている人もいる。

こちらは在庫を抱えなくてもやっていける方法があるので、そういった方法であればほぼノーリスクで実践できる。

私の場合は本業もあるのでそういったことはしていないが、どこの国に暮らすかということは自分で選択できるし、旅先というのも考えられる。

ということで基本的なスタンスとしては、物価の安い国ではある程度消費のリミッターというのを緩くして、逆に物価の高い国では節約気味に暮らすようにしている。

そうすると結局、トータルで見た時に得られるものというのは大きくなるため。

尤もこれはあくまでも単純化した話なので、物価の高い国で得られるのは質の高いものであることも多いし、それぞれにサービスなどであれば質の違いというのも出てくる。

そういったことを考えれば単純に量だけで考えるということは、大分重要なことを見落としがちなのでそこら辺も考慮はしなければいけない。

例えば本場イタリアで食べるビザと、物価の安いフィリピンで食べるビザというのはそもそもの味も違うだろうし、何よりもまとっている雰囲気とか背景というのも違う。

こういったことに着目しないで成分だけを見ているというのも片手落ちなので、そこら辺も踏まえながらも価値判断というのはしていく必要がある。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ