堅実な老後にこだわり過ぎると息苦しくなる


乱世の戦国時代を生き抜き最後は天下人となって約300年にも続く江戸幕府の基盤を作った徳川家康は、日本人なら誰でも名前を知っていて、さらにその肖像画を思い浮かべることの出来る歴史上の偉人だが、彼の忍耐と懊悩に支えられた人生をを追体験したいと思う人は少数派なのではないだろうか。

幼いころより織田信長を輩出した織田家の人質となり、その後も苦難の連続とも言える人生を家康は歩んでいる。

本能寺の変により明智光秀が信長を討ち取った時には少数の過信とともに移動中だったこともあり、命からがら逃げ延びたという話もあった。

何しろ、家康も光秀側の軍勢に狩られたり、あるいは山賊に遭ったりして命を落としていた可能性もある。

その後も豊臣秀吉の天下統一下において煮え湯を飲まされることも度々あったという。

そういった忍耐の数十年を耐え忍び生き延びた末にようやく天下人となれたとしても、それはすでに年老いてからのことであり、十分なリターンといえるのかどうかという事については若干疑問が残るところ。

何しろ、日本を支配下に置いたといえば凄まじい功績だが、実際のところとして、それによって個人がどれだけの感情的な価値を得られるかという事については、かなり疑わしいところがあり、限界効用は低減しきって、もはや1大名とそれほど変わらないのではないかとすら思ってしまう。

もちろん自分の上に誰もいないという感覚を味わえるということは大きな違いではあるものの、日ノ本の国において絶対者であることが例えば伊達政宗の100倍の喜びを得られることでもないはず。

そう考えると、そこそこのところで満足して分を知るというほうが一般人の生き様としては正しいような気さえしてくる。

所詮、歴史上の偉人というのは特異な人間だったり、さらには環境が作り出すという側面もあり、少なくとも現代日本においてプラスの側面にて家康と並ぶような偉人になることはまず不可能だと思われる。

そして家康自体は天下泰平という事を重んじてさまざまな施策を行ってきた。

参勤交代がそれぞれの大名の体力や経済力を削ぎ落とすものであった事は有名だが、それ以外にも彼はさまざまな施策をとっているし、さらに江戸城を守るための風水であるとか方位学とかそういったものを駆使したとも言われている。

結果として実際徳川家は15代300年の歴史を誇ることになったが、家康自身の人生は波乱万丈だった。

そして現代の日本において戦国時代のような凄まじい下克上の嵐であるとか、家財一式が焼き払われたり略奪されたりといったリスクは圧倒的に少ないものの、やはり将来において不安を覚える人は多い。

私自身も全く何の対策もしていないわけではないし、自分年金を香港にて積み立てたりといった対策はしているが、結局のところはなるようにしかならないと思っている。

今日読んでいた"一瞬の風になれ"という小説の中でも、主人公の神谷の兄でJリーガーとなってジュビロ磐田のサテライトチームでプレーしていた選手が交通事故に遭い十字靭帯の断裂や、その他右ひざの半月板の損傷等を起こし、選手生命を絶たれるるかどうかの瀬戸際に立たされるという場面があった。

そういった事故というのもいつ起こるかわからないし、結局のところ絶対的な安定は無い。

そして、確実に言える不変の真理として人間はいつか死を迎えるし、いくら医療が日進月歩で進んでいるといっても、寿命が200歳とか300歳まで早々に伸びるとは思えないので、今現在が仮に30歳の人であれば順当にいくと50年とかそのくらいしか生きられないことになる。

そう考えると守りに回るよりも、とりあえず気になることはやってみて、攻めの意識を持つとまではいわないが、ある意味でのフットワークの軽さのようなものが必要なのではないかという風に感じる。

人間は病気等で死が近づいてくると、やらなかったことの後悔のほうが、やって失敗した事の後悔よりも大きいというが、これは30代や40代の年代であっても感じることは出来るのではないかと思う。

過去を振り返ってみればチャレンジして上手くいかなかったとしてもそれは仕方がないし、ある意味で言えばデータとか経験として蓄積できる。

しかし何もしなければ人間としての厚みも増すことなく、ただただ時間だけが過ぎ寿命の終わりに突き進んでいく事になってしまう。

そんなわけで40歳でいったん人生の節目というか、ひとまず今の方向性の終着点としてその時期を設定したが、もう少し手前のところにポイントを置いても良かったのかもしれない。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ