就活が決まらなくて疲れたら


簡単に正社員として採用される状況ではないため、
就活をしても就職先が決まらない、
その中で疲れていくという話をよく聞く。

ひどい場合にはうつになったり、
死にたいと思ったりもするという。

まだ働き始める前から学生は過酷な競争にされされる。

しかも、企業からしても採用基準は曖昧。

実際のところ、働き始めてからじゃないと
本当の意味で採るべきだったかどうかは
分からないという現実がある。

必死に就活して疲れていく学生にしてみると
たまらない話だ。



しかも、正社員としての地位につけば安心という時代でもない。

企業の平均寿命は27年を切っているので、
就職してから定年を迎えるまで
会社が存続している可能性自体が低い。

そこにリストラ等のリスクもある。

なかなか就職先が決まらない、
内定がもらえない上に
手に入れたポジションも簡単に崩れてしまう。

未来に希望を持つのも難しいだろう。

実際、20代や30代の若手サラリーマンには
将来の不安が漂っている。

毎日の仕事で疲れたと感じながら、
それに見合うやりがいや希望はない。



結局、就活に疲れたと感じるのも、
その後のサラリーマン生活に不安や不満を抱えるのも
選択肢が1つしかないことが大きな問題。

学生からサラリーマンになって、
そのまま結婚して定年まで会社で働き続けるという構図に
何の疑問も持たずにいられるのならいい。

盲信できるのであれば、
それはそれで幸せな人生かもしれない。

実際、就活に疲れてうつになるどころか、
楽しくて仕方なさそうな人がいるのも事実。

その人から楽しみを取り上げる必要はないし、
他の選択肢など見向きもしないだろう。

しかし、多かれ少なかれ就活やサラリーマン生活に
不満・不安を感じているのであれば、
それ以外の道の存在を知っておいてもいいのではないだろうか?


私はサラリーマン時代にリストラを経験している。

その後は自分自身で個人事業主として稼ぐようになり、
住む場所も仕事の時間も人間関係も自由になった。

実際、2011年にはマレーシアに移住し、
その後アジア20都市を旅して回ったりしている。

そして、周囲にも同じように自由に生きている友人たちがいる。


こうした生き方も選択肢の1つとして
存在をしっておく価値はあるはず。

すぐに就活を辞める必要はないし、
一度サラリーマンを経験してみるのも悪くないとは思う。

ただ、選択肢が増えれば視野は広がる。

このままサラリーマンを続けるしかないと思い込んでいるのと、
他の道もあると知っているのでは気分も違うし、
より後悔しない選択ができるだろう。


そんなわけで、
就活中の学生向け無料セミナーをすることにした。

オンライン上で行うので受講場所は問わない。

費用も無料。

もしサラリーマンとして
定年まで勤めあげる人生に疑問を感じるなら、
気軽に参加してみてほしい。


就活のテクニック等は語らないが、
自由に生きるための方法、実践例はお話する。

就職して社畜として飼われないための方法等も。

あなたの価値観に幅を持たせることを目的に行うので、
一般の就活セミナーとはまったく違う内容になるのは間違いない。

社畜脱出セミナー




メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ