kindle unlimitedを解約した結果【Amazon読み放題】


Amazon読み放題が提供しているkindle unlimitedを
3ヶ月で解約することにした。

というよりも、先日期限が切れたので
正式に終了となった。

1ヶ月ごとの契約になっているため、
解約しても最終日まで使えるようになっている。

この点は良心的なところ。

以前にも記事にしたとおり、
kindle unlimitedはマーケティング的にも面白く、
申し込む価値は十分にあった。

初月無料にこだわる人も多かったようだが、
有料になっても980円でしかないので
十分に元が取れるサービスだったと思う。


では、なぜ今回解約したのか?

理由は単純で、読み放題というモデルに問題を感じた。

Amazonが提供しているのは、
Kindle本の中でも一部だけ。

しかも人気の作品は原則として対象外。

本は読むのに時間がかかるので、
本を購入するお金を節約することができたところで
時間というコストは依然としてかかり続ける。

むしろkindle unlimitedに申し込んでから、
対象になっている本を必要以上に選んでしまって
時間を浪費するようになった。

つまり金銭面で言えば問題はないが、
時間あたりの学びが薄れてしまっていた。

有限な資源である時間をムダに使うのはまずい。

そもそも、kindle unlimitedに加入してからも
Amazonから提案される本を購入していたので、
この3ヶ月で平均15冊以上は買っていたと思う。

これならkindle unlimitedを解約しても差し支えない。



気になったテーマで本を検索するときでも、
低額で読み放題という理由だけで
kindle unlimitedの対象になる本だけを対象にするのは
人生の質を下げることになる。

他の電子書籍、さらには電子書籍化されていない本も
対象にした方がより有用な本を見つけられる可能性が高まる。

本への投資なんて元が取れるのは当然で、
高いリターンが返ってくることはこれまでで証明されているので、
書籍代を惜しむ気はない。

むしろ読む時間に限りがある以上、
いかに良書を選ぶかが大切なポイントになる。


人気の書籍が次々に読み放題の対象外になったということで、
その点も話題になったが、
個人的にはどちらにしても解約のタイミングだったと思う。

やはり対象書籍が限られていることに変わりはなく、
1冊ごとにお金を支払って
読書のクオリティーを元の水準まで上げたいことは同じ。


それにしても、
Amazonが提供する読み放題というコンセプトは興味深く、
kindle unlimitedのサービス開始日に
バンコクの空港に到着した途端に
その場でwifiにつないで登録した。

別にホテルに移動してからでもよかったが、
気になっていたもので。

そして、3ヶ月が経過して解約の手続きをしたのは
台湾の中部にある台中のホテル。

そして実際に期限が切れて正式に契約終了になったのは
台南という高雄に近い位置にある水辺が美しい古都。

移動が多いので、
kindle unlimitedの契約から解約までを見ても
常にポイントになる街が変わっている(笑)。


来月には香港へのフライトの後、
ベトナム中部に飛ぶ予定で、
先日ベトナムのアライバルビザのための招聘状も手配した。

こうして移動が多いと、
どうしても紙の本を持ち歩くのは
容量的にも重量的にも現実的ではない。

その意味で、
Kindle本や自炊でPDFになった本はありがたい。

パソコンだと容量がいっぱいになってしまうが、
外付けのハードディスク1つで持ち運べるのだから。


解約方法はわかりづらい?


一部にAmazonのやり方がクリーンではないとか、
自動で毎月課金されるので忘れていて課金されたという声も聞く。

しかし、kindle unlimitedに関して言えば
特に解約方法がわかりづらいわけではないし、
自動課金なのは最初から説明されていること。

むしろ毎月通知が来て、
いちいちその都度振り込みをしなければいけなかったら、
その方がよほど問題だろう。


解約方法についても、
「Kindle Unlimited会員情報」をクリックし、
「メンバーシップを管理」
「Kindle Unlimited会員登録をキャンセル」
と進んでいくだけ。

手間としては標準的だし、
表示が特に不透明ということもなかった。



考えてみると、
Amazonの口コミは元々役に立たない。

購入者以外が投稿できるというのも問題だし、
同じ本を読んでも得られるものがあるかどうかは
本人の資質に左右されるところが大きい。

それに対し、
ホテルの予約サイトに関しては、
以外にユーザーの評価やレビューが参考になる。

同じ口コミであっても、
商品や購入者層によって信頼度が大きく左右される
典型例なように思う。

ちなみに、スマホアプリのレビューも
当てにならないというか、
むしろ作り手・販売者が気の毒になるほど
的はずれな酷評にさらされているのも見かける。


本の著者にしろアプリをリリースする人にしろ、
彼らの心を折ってもコンテンツが減るだけなので、
節度は保ちたいと思う。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ