旅の基点をトルコにしなかった理由




今回の旅は、最終地点をなんとなくポーランドかチェコに設定していたし、おそらくはワルシャワに行くのだろうというぼんやりとした思いがあった。

去年は、プラハやクラクフを訪れて、どちらの都市も素晴らしかったが、特に気になっていたのはポーランドで、こちらは首都のワルシャワであるとか、他の町にはほとんど行っていないので、是非とも今回は見てみたいと思っていた。

まだ3月に始まる旅だったので、かなり寒く、できるだけ南の方からスタートしようと思い、そこから北上する形で、ルートをなんとなく設定していたが、その時の基点としてどこの国を設定するかというのは迷った。

例えばギリシャを基点にするという手もあったし、あるいはイタリアでもよかった。

ここら辺は東欧と言えるかは微妙なところではあるし、イタリアはまず違うのだろうが、そこは別にこだわらなければ済む話だし、平均の気温を見ても比較的温暖。

しかしながら、あまり興味もなかったので省くことにした。

それ以外にも、トルコという国があるわけで、トルコからブルガリアに北上し、そこからブルガリア、ハンガリーと、北に上がっていくという手もあった。

普通に考えると、ブルガリアのソフィアの空港よりは、トルコのイスタンブール空港の方がメジャーなわけで、長距離便で到着するのであれば、そちらを選択する方が無難ではないかという思いもあった。

トルコやイスタンブールについては、これまで様々な人から話を聞いていて、だいたい両極端に意見が分かれる。

好きという人は、自然であるとか、歴史遺産が素晴らしいと言うが、嫌いな人はとにかくトルコという国は猥雑で、常に落ち着かず、だましに来る人もたくさんいてうんざりしたということを口にすることが多い。

トルコというのは、ヨーロッパの中では非常に嫌われている国として知られる一方で、日本からは親日国として合意的に受け止められることが多い。

正直なところ、日本人がトルコをなんとなく評価していると言っても、そもそもトルコ人のイメージがあまりなく、迷惑を被っていないからではないかという要素も加味して判断する必要がある。

様々な情報から判断するに、トルコ人の性質というのは、インド人の性格をもう少し標準的な国際社会に近付けた感じというか、穏やかにしたような感じではないかという風に思う。

そう考えてみると、マレーシアに住んでいた時に、インド系の住人にうんざりして、インドに行きたくないと思った私にとっては、トルコという国はなかなかストレスを感じそうな場所である。

しかも、旅の基点をトルコにするということは、いきなり胡散臭い場所に行くわけで、そこで何かトラブルに巻き込まれると、その後の旅についても、持ち物等の面で困ったことになり兼ねない。

確かにトルコの遺産や、カッパドキアを初めとした名所というのは、見てみたい気もするが、今回の旅の中で組み込むかという事を考えた時に、本能的に拒絶感が出たので、そこは避けることにした。

トルコというのは、シェンゲン協定の範囲外になるので、ヨーロッパに90日弱いて、そこからトルコに一度移動し、しばらく滞在した後で再びヨーロッパに戻るという使い方もある。

但しこの場合、トルコに3ヶ月以上滞在しないといけないので、これはこれでハードルが高い。

そう考えてみると、こういったトルコの活用法をするというのもなかなか難しく、3ヶ月というとちょっとしたロングステイぐらいになるので、肌に合わなさそうな国でそこまで生活するのは、おそらく人生の質を下げることにしかならないはず。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ