子連れでの海外移住をした人を見ていて感じた意外な事実




子連れで海外移住をすると聞くと、
いかにも大変そうなイメージがある。

しかし、実際に母子でマレーシアにやってきた友人や、
子どもと一緒に各国で暮らす人を見ていると
予想とは違う一面も見えてきた。



たとえば、生活環境への順応性。

これは明らかに子供の方が大人より早い。

特に言語の面では差が顕著で、
子連れで海外移住してくると親より子供のほうが
早く話せるようになる。


ある程度英語を勉強していた親でも、
途中で子供に追いぬかれたことを嬉しそうに語っていたりする。



たしかに学校の手配であるとか、
新しい学校への順応といった問題はあるので
子連れの方が悩みの種は多いはず。

私のように独身で海外移住をする場合には
下見すらしないで突然やって来ても平気だったが、
さすがに子連れだとそうもいかない。


ただ、ハードルの高さとしては
国内の引っ越しと大差ないという話を聞くこともある。

学校を決める場合には
そこでどれだけこだわるかが差になるので、
この点は千差万別。

あまりこだわらないのであれば、
かなり簡単に進む模様。


実際問題として、
日本人が候補として考える学校なんて数が知れているので。



新しい学校に子供がなじめるかというのは、
日本国内の引っ越しでも同じ問題が起こる。

大抵の場合、
日本人が子連れで海外移住をする場合には、
現地の日本人学校かインターナショナルスクールに入れるのが一般的。

そうなると、周りも日本人ばかりか、
各国からやって来ているかの二択になる。


しかもそうしば学校は転校が多いので、
ある意味では日本の中で引っ越すよりも
部外者意識が生まれづらいという話もある。

たしかに日本の学校においては、
転入のタイミングは緊張するもの。

そこで排除されて苦労したという話もよく聞く。



ただ、海外で日本人が子供を入れるような学校は、
元々その国にとっての外国人が多いし、
人の出入りが激しい傾向にある。

この点は救いになる。



子連れで海外にやって来た人を見ると、
教育を目的にしていることもあれば、
仕事の都合や原発の問題がきっかけのこともある。

どちらにしても、
日本で旧来型の教育を受けさせるのではなく、
移住先で別の価値観を育むのも1つの方法。


日本の経済の先行きが暗いのは人口動態を見ても明らかなので、
子供の世代には世界で戦える力が必要になる。

その意味では、幼い頃から自分の国以外に慣れ、
コミュニケーションを取れるようにしておいたほうが
いいのではないかと思う。



ただ単に外国語を学ぶということではなくて、
実際に外国人と意思の疎通をしてみるのが重要。

日本は世界的に見てもハイコンテクストな文化がある。

言い換えれば、言わずもがなの世界。


細々と自分の考えを表現しなくても、
多くの前提を共有することで会話が成立する。



しかし、外国人とのコミュニケーションでは
ローコンテクストを前提にしなくてはならない。

つまり、はっきり伝えなければ分からないし、
論理的に妥当でなければ受け入れてもらえない。

なあなあで納得してはくれない。


こうしたことは実践しなければ身につかないし、
早いうちに慣れる機会があるのなら、
それにこしたことはない。



子連れで海外移住をすることによって、
最初は文化の違いに戸惑うこともあるはず。

そこで文化や価値観の多様性を知っておくことは、
子供の成長においても糧になるのではないかと思う。



日本でも英語教育の低年齢化は進めているものの、
しょせんは大して英語が使えない日本人教師が教えるという
ギャグのような現実がある。

ドラマで明治時代の英語教育を見て、
あまりの発音や内容の適当さに笑いがこみ上げてくるのと
実は大して変わらないのが実際のところ。



そう考えると、
とにかく海外で生活してみる体験というのは
貴重なのではないかと。


もし私に子供ができたとしても、日本で育てようとは思わない。

日本人同士の組織の中での身の振り方よりも、
個人として好き勝手に生きる姿勢を教えるほうが
これからの時代にははるかに役に立つはずなので。

国境をズカズカと意味もなく越えていくぐらいの方が
よほど安定した人生を歩めるようになると思っている。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ