フィリピンでは小切手がない生活は厳しい




フィリピンに移住してきた当初は銀行の口座がなかったので、
当然小切手も持っていなかった。

というより、国にかかわらず小切手を使った経験もなかった。



その後、BDO銀行とHSBCフィリピンの口座を開設したが、
この国では小切手は必須だと感じるようになった。


例えば、毎月の水道代。

小切手がないとメトロバンクで支払い、
その領収書を持って
コンドミニアムの管理人室まで行かなくてはならない。

小切手があれば、
直接管理人室で支払いを済ませられる。



あるいはネット代。

銀行の口座開設前に申し込んだので、
1年分の前払いになった。

しかも開通時期が住み始めてから2ヶ月近くたってからで、
コンドミニアムの契約のほうが2ヶ月ほど早く切れる。

つまり2ヶ月分は無駄になる。


これも小切手があれば回避できたこと。


部屋を借りるときも1年分前払いで払ったが、
小切手があれば一括で1年分を振り出して、
毎月の支払いにすることができる。


他にも、投資の支払いも小切手で済ませることで、
わざわざ毎月送金する手間が省けるようになった。



フィリピンは小切手社会と言われるだけあって、
様々な場面で必要を感じる。

ただ、通常はフィリピン国内に居住している証明書が必要で、
たとえば水道光熱費の請求書等の提示を求められる。

住み始める前にはそんなものを持っているわけもないので、
結局1年分の家賃を前払いになってしまったが・・・。



一部の業者に口座開設サポートを頼むと
そのあたりの要件は銀行側も融通してくれるので、
必要ならそうしたサポートを受けるのも1つの手。

言葉の壁を意識しなくていいという安心感以外に、
こうした利便性もあるので。



何にしても、フィリピンに移住するなら
できるだけ早めに小切手を使えるようにしたほうが便利。




メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ