クラクフは雨が多かった




これまでポルトガルやスペインにおいては、雨に降られるということはなかった。

ポルトガルのファティマについては、霧雨が降っていたことがあるものの、非常に弱い雨だったし、時間的にも短かった。

そういった意味で言うと、とても天候に恵まれた旅を続けてきたものの、クラクフに関して言うと、かなり雨が降る日が多かった。

更に言うと、雨が降っていなくても濃い霧が出ていて、もし仮に車の運転をするのであれば、追突をしてしまったり、あるいはされたりとか、そういった心配が出てくるような夜というのも3日ほどあった。

更に言うと、私は雨に降られることは少なかったものの、ホテルに戻ってから1時間後に雷が鳴り響いて、外を見てみたら豪雨になっているとか、そういったこともあったし、最後の移動日については朝から雨が降っていて、駅まで歩くのにだいぶ濡れることになってしまった。

予め日本に戻った時に東急ハンズで、鞄を覆う為のビニールというか、鞄用のカッパのようなものは買っていたので、それを使って荷物が濡れるのは防ぐことはできたものの、足元はだいぶ汚れてしまった。

ここ最近は、靴ではなくてサンダルで普段は行動していたが、今日に関しても同じようにしていたら、駅に着くまでにだいぶ足が濡れてしまって、ちょっと気持ち悪くなった。

更に言うと、この移動日というのは、クラクフからカトビッツというポーランドの町に移り、そこから更にチェコのブレクラフという町に行ったのだが、かなり冷え込んでいたので、足元が冷えてそろそろ靴にしなければいけないということを改めて感じた。

足から冷えてくると、全身に寒さがやってくるので、これはあまり体の為にもいいことではない。

それはそうと、クラクフは雨が比較的多かった割には、私自身が濡れたことは一度もなく、唯一の例外がこの最後の移動日だった。

それ以外は雨が降っていたら、食事に出るのをどうしようかと迷っている間に止んでいるとか、あるいは私がホテルに戻ってから雨が降るということが、パターンとして多かったので、ホテルの窓から雨が降っているのを見ることは多くても、実際に自分が濡れるということは意外にもなかった。

私が滞在して半月の間に、濃い霧の日が3日あったものの、それがこのクラクフという町の地理的条件であるとか、その他の気候的条件による特長なのか、それとも単なら偶然なのかはわからない。

どちらにしても、路面が濡れるぐらいの霧だったので、かなりの濃さだったということがわかる。

ただし、夜になればわざわざ出かけることもあまりないので、影響を受けることはなかったし、それによって困るということはなかった。

このクラクフという町では、毎日朝は散歩をしていたが、旧市街の周辺は緑の道が作られていて、歩いていて非常に気持ちいい。

町中を歩いていても、昼間とは違って、ほとんど誰もいない中央市場であるとか、そういったところを見たり、あるいはぶらっと教会によったりすることもできて、かなり快適な散歩をすることができた町だった。




メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ