マドリッドの空港の近くのホテルに泊まる意味がなかった




ポルトからマドリッドに到着する時間がかなり遅かったので、空港近くのホテルを予約しておくことにした。

普段は町中のホテルを取ることが多いし、空港の近くにわざわざ泊まるメリットもあまりないものの、今回に関しては、睡眠時間を多く確保するということを重視した。

地図で見る限り、十分に歩いていける距離だったので、簡単に見つけられるかと思いきや、実際のところ、空港のどの出口から出るのかもよくわからず、Googleマップを空港のWi−Fiでつないだりして、ようやくわかってからもどうやら大きな幹線道路が邪魔をしていたりとか、後は立体の交差点があって、そこはおそらく徒歩では通れないであろうことが遠目からでもわかったりとか、そういったこともあって、結局徒歩でそこまで移動するということは断念することになった。

仕方がないのでもう一度空港に戻って、タクシーに乗ったところ、初乗り料金が20ユーロ。

最初はその20という数字が、料金ではなく他の何かを示すのかと思っていたが、結局は20ユーロということだった。

後から調べてみたところ、やはりスペインのタクシー全般がそこまで高いというわけではなくて、空港限定らしい。

逆に、町中でのタクシーであれば、2ユーロ以下で初乗り料金ということだったので、相当割高な料金を支払ったということになる。

しかも、20ユーロを払っても、距離的にはワンメーターとか、そのくらいの距離だったので、日本と比べても非常に損をした感じがある。

スペインというのは、基本的に物価の安い国だし、人件費についても安いので、タクシーにそこまで払うというのはなんだか釈然としないものがあるし、どうりで夜11時を過ぎても、空港にタクシーが長蛇の列を作っているのが納得できた。

明らかに供給過剰であったものの、タクシーの運転手としては、町を流しで走っているよりも、空港で1人客を捕まえて、圧倒的に高い金額を確実に取れる方が楽というさんだんなのがよくわかる。

どうやら市内までのタクシー代というのも、一定料金で決まっていて、こちらは30ユーロらしい。

ということは、町中のホテルを予約しておいて、そこまでまだ地下鉄が出ているのであれば、地下鉄で移動して、もし仮に地下鉄が出ていないのであれば、タクシーで10ユーロ余分に払って、町中に移動するということの方がよほど価値があったのではないかと思う。

後日調べてみたところ、どうやら空港から1駅いったところのバラハス駅というところが、ホテルの近くになるので、1駅だけ地下鉄に乗って移動するというのが、最も合理的な選択ではあったらしいものの、当初は徒歩で行けるという思い込みがあったので、そこまでの下調べというのはしていなかった。

何にしても、一度地下鉄に乗るのであれば、もはや町中に行くのも、バラハス駅の近くのホテルに泊まるのも、たいして変わらないし、むしろバラハス駅にホテルから行く分にはいいものの、バラハス駅からホテルに行くのは、目印がなくて非常に難しかったと思うので、そのホテルに宿泊する意味は結局はなかった。

どうせだったら町中に行って、泊まった方が翌日の利便性も高いし、この辺は残念な選択だったという風に感じる。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ