フィリピン不動産の賃貸管理、客付けという落とし穴




投資用にフィリピンで不動産を購入した場合、
物件の賃貸管理や客付けという問題が出てくる。

この部分がうまくいかないと
家賃収入によるインカムゲインが得られない。

かと言って、
自分で全部を仕切るのは現実的ではないので、
不動産会社に任せることになる。



ここに落とし穴が潜んでいて、
フィリピンで活動している日系不動産業者の中には、
物件を売ることだけに特化している会社もある。

賃貸管理もセットにはしているが、
実際は売りっぱなしという状態。

当然客付けができないので家賃が発生せず、
購入時の目論見が外れることになる。



なぜこのようなことが起こるかというと、
フィリピンは不動産市場においても人脈が重視され、
システマティックに物事が進むわけではないから。

言い換えれば、
ちょっと頑張れば済む話ではない。

現地での各エージェントとのコネ作りであったり、
そういった泥臭いことをしていかなくてはならない。


ある程度の人数がいないと実質的に厳しいし、
決してスマートな活動でもない。

フィリピンの現地不動産業者と競争しながら、
彼らは戦うことになるので。



こういったことを嫌い、
日本人向けにコンドミニアムや戸建て物件を売ることを優先し、
その後の賃貸管理はずさんな会社に当たってしまったという話もちらほら聞く。

マニラに住んでいると、
そうした声が耳に入ってくる機会が少なくない。



不動産投資をフィリピンでしても、
遠隔地なので直接口出しをするのは難しい。

基本的には任せることになる。

しかし、ノウハウもやる気もない会社に任せたところで
うまくいくはずがない。


まして、現在のマニラやセブは需要が増えているとは言え、
供給もまたどんどん増えている。

そうしたやり方の不動産業者が
長い目で見て客付けのできる、
言い換えればニーズのある物件だけを選んで
奨めているのかという疑問もある。

どのみちアフターケアなんてする気がないのだから、
適当に見栄えのする物件を勧めておこうというのが
基本的なスタンスではないかと。



結果、よその日系業者で不動産を購入した後、
別の会社に賃貸管理をしてもらえないかという話をする人もいる。

当初の予定が崩れたため、SOSを出す形に。

本人にとっても溺れているところで
わらをつかむような気分なのだろう。



こうしたことを考えてみると、
物件だけではなく不動産会社選びも重要な要素となる。

これは日系の会社だけが駄目なわけではなく、
現地系であっても同じこと。

海外では利益にならないことは
露骨にやる気がなくなることなんて珍しくないので。


しかも言葉の壁があるために、
問題が起きた時に意思疎通がうまくできないとか、
こちらは忍耐強く対応する覚悟があっても
業者側がしびれを切らして放置したという話も聞く。

話のかみ合わない外国人とやり取りをするのに
うんざりしてしまうというのは納得の話。

しかも、元々フィリピン人は気分で動いているところが大きい。

面倒になった時、
それなりに責任のある職業の人でも投げ出す姿は
現地に住む者として容易に想像がつく。



結局、日系にしろ現地系にしろ、
フィリピンで不動産投資をする場合、
賃貸管理についてはしっかり確認しておく必要がある。

販売は会社の利益に直結するので力を入れていても、
その後の客付けや建物の管理にはやる気がないとか、
そういうところにあたってしまうと大変なので。


本来は、こういったことが問題になるのもおかしな話だが、
現実としてトラブルに見舞われている人もいるので
注意しておかないと後日苦労することになりかねない。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ