セブ・アヤラセンターのla tegola(ラテゴラ)とidea italia(イデア・イタリア)はイタリアンがおいしく食べられる店


セブに移住して良かったことの一つに、イタリアン、特にパスタが美味しいということが挙げられる。

その中でも、アヤラセンターの中であれば、ラ・テゴラ(la tegola)とイデア・イタリア(idea italia)はレベルが高め。

何故この2つの店を一緒に紹介しているのかというと、同系列の店のため。

アヤラセンターには他にもイタリアニス等のイタリアンレストランはあるが、ここではラ・テゴラとイデア・イタリアという2つの同系列の店について紹介しようと思う。

ちなみに、ラ・テゴラはアヤラセンターの地上階にあり、隣がスターバックスになっている。

このアヤラセンターは、いくつも入り口があるが、ラ・テゴラも入口の階段を下ったところにあり、やってくるルートによっては入ってすぐの位置にある。

対してイデア・イタリアは、4階のザ・テラスと呼ばれるルーフトップのエリアで、隣にはスイートルームやコーヒービーンズ&ティーリーフというカフェがある。

個人的にはラ・テゴラの方が味は本格的だし、出してくる前菜自体もレベルが高いと思っているが、一時期はイデア・イタリアに日参していたこともある。

これはどういう理由かというと、イデア・イタリアの方は独自のWi-Fiを提供していることと、アヤラセンター全体のWi-Fiも入るため、ほぼ確実にネットに接続することができるため。


セブの自宅のネットの状態が悪いときには、イデア・イタリアに食事に来てその時にWi-Fiにつなぐということが日常になっていた。

逆にラ・テゴラは、独自のWi-Fiを提供していないだけではなく、アヤラセンター全体の電波も入りづらい為、日によって使える日と使えない日があり、使えないことの方が多い。

そのため、純粋に食事を楽しみに行くのであればラ・テゴラの方がいいが、ネットも使いたいということであれば、イデア・イタリアの方が有利。

そのような使い分けをしていた。

基本的にメニューはかぶっているところもあり、それでいながらなぜか名前が違っているものもある。

例えばアンチョビ入りのピザというのは、イデア・イタリアの場合ピッツァナポリになるが、ラ・テゴラの場合はピッツァマフィオーサという表記になっていた。

イデア・イタリアのピザを見てみると、それ以外にも定番のマルゲリータやファンタジア、ジェノバ、ハワイアン、トスカーナ、クワトロ、タギオーニ等がある。

魚料理であればpalermoという白身魚のドリーを入れた後にトマトソースをかけたものであるとか、mugniaiaという同じく白身魚のフライにクリームソースをかけたもの。

肉料理であればpollo alla cacciatoraという鶏肉にトマトソースをかけたもの、あるいはbraciola napoletanaという牛肉とハムとチーズを一緒に巻いてトマトソースをかけたものにパスタがついてくるものといったメニューがある。

イデア・イタリアの場合、付け合わせのパスタというのは基本的にトマトソースのスパゲティー一択だが、ラ・テゴラの場合は、トマトソース以外にもクリームソースとオリーブオイルが選べ、さらにパスタもスパゲティーかペンネかを選べるので、個人的にはペンネのオリーブオイルがお気に入りだった。


どちらもデザートはあまり充実しておらず、チョコレートケーキはそれなりに美味しかったが、ブルーベリーチーズケーキはいまいちだった印象。

イタリアンを美味しく食べたいということであれば、これらの店は価格も手頃で味もそれなりにレベルが高いのでオススメ度は高い。

ちなみに、パスタであればペスカトーレという魚介類のものが特においしく、サーモンや貝、イカなどがふんだんに使われソースは自分で選べるが、個人的にはオリーブオイルを選ぶことが多かった。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ