ジャカルタで週刊ライフネシアを読んでいて感じたこと




ジャカルタの俺の家ラーメンというラーメン屋で、フリーペーパーの習慣ライフネシアというものを見かけた。

せっかくなので、手に取って眺めていたら、しゃぶしゃぶの店であるとか、ラーメン屋を初めとして、様々な日本食レストランが載っていた。

ちょうど今泊まっているところというのは、ラーメン屋が一軒あるぐらいで、それ以外の日本食レストランというのはなく、有名なブロックエムという日本人がいてなければあまりそういった店がないのかと思いきや、実はクレープ店があったりとか、焼き肉屋があったり、あるいは寿司屋とか、割烹料理など色々なものがジャカルタでも楽しめるということがわかった。

ここら辺はやはり、どの地域に泊まるかということによって、だいぶ印象は関わってくるところ。

例えば、以前私が泊まったエリアというのは、日本食は一切食べられないし、それ以外のイタリアン等も非常に店が少なく、ローカルフード以外を食べる機会が非常に限られているというエリアだった。

そのエリアであれば、住みたいとはとても思えなかったし、せいぜい数日滞在するのが限界という感じがした。

というのも、元々マレーシアで、インドネシア料理というのも食べていたし、マレーシア料理とインドネシア料理というのは非常に近いので、かなり飽き飽きしてしまっている部分がある。

そういった事情があったので、私の場合長期滞在が向かないと思ったが、インドネシア料理のナシゴレンであるとか、あるいは麺料理とか、そういったものを新鮮に食べられるということであれば、屋台しかない場所にしばらく泊まっていてもそれほど苦にならないのではないかと思う。

こういった立地条件というのは、実際に行ってみないとなかなかわからないところで、事前にネットで情報を調べたりしただけではその実態というのはわからない。

特に店が限られている場合、自分との相性が悪いとか、その店が不味いと感じた時点で、とても厳しい状況に陥ってしまう。

やはり食事というのは、どうしても避けられないものなので、この部分がネックになってしまうと、毎回の食事が苦痛になる。

実際に私がマレーシアでロングステイをしていた1年目というのはそういった状況に陥った。

わざわざ旅行先でまでそんな目にあいたくないし、私は必ず1泊目というのは、最初は1泊限定でホテルを取ってみて、それによって延長するかどうかということを決めるようにしている。

もちろんこの方法はリスクもあって、もうすでに翌日の予約ができないとか、満室になっているということもある。

しかしそれでも、リスクを背負っていることを考慮した上であえてそのようなことをしているのは、やはり実際に泊まってみないとわからない部分があるから。

こういったところは気を付けるようにしている。

これ以外にライフネシアには、色々と広告も載っていて、例えば日本通運の広告であるとか、あるいはJCBのカードの広告や、日経新聞の1週間無料お試しキャンペーンというのも載っていた。

更に言うと、インドネシアで求人を行っているアイコニックであったりとか、リーラコウエンや、テンプスタッフ、セルナジャヤなどが広告を打っている。

こういった現地のフリーペーパーというのを見てみると、色々とその国や町の事情が見えてくる部分もあるので、面白いのではないかと思う。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ