リスボンは移住先として他のヨーロッパの首都にはない魅力がある




ポルトガルの首都リスボンには移住環境という面で考えてみると他のヨーロッパの主要都市には見られない強みが2つある。

ヨーロッパ各国ということをみてみた場合、実際に訪れてみると文化の多様性が存在することに気付くが、東南アジアや日本と比べた場合に、やはりある程度の一体感というか共通項をヨーロッパ全体が持っているという側面もある。

その中でもポルトガルという国は他国にはない強みといくつかの国と共通する強みの両方を持っている。

例えばリスボンに移住するとしたら、そのメリットの一つとして物価の安さが挙げられる。

ポルトガルといえば経済があまり強くない国だが、そのおかげで生活費は安い。

スペインと比べても2割から3割くらい安い印象があるし、東欧諸国、例えばポーランドやハンガリーと大体同程度で生活することができる。

例えばビールであれば330mlの缶が40円ほどで買えるし、ワインでも1本200円弱で売っていたりする。

それ以外の食料品というのも非常に安いし、レストランでも立派なイワシが何匹もグリルされたプレートにマッシュポテトやライスなどの主食がのり、さらにそこに野菜も添えられていて600円から700円程度で食べることができる。

これはリスボン特有というわけではないが、ヨーロッパの中でも特に物価の安い国の一つであるために、コストを下げながら移住できるというのは大きなメリット。

リスボンのレストランの外食代や家賃であれば、バンコクあるいはクアラルンプールの一等地に住みながら外国人向けのレストランで日々食事をするのと同じくらいの生活費で暮らすことができるだろう。

こういった基本的な生活環境が整っているうえに、風光明媚で景色も美しい。

坂が多いのが暮らし向きとしては少々不便なところではあるが、住居選びで失敗しなければ、毎日頻繁に急な坂を上る必要はないしケーブルカーが設置されている場所もあるので、そういったものを利用する手立てもある。

ある程度体力が落ちてきたリタイアメント層であればこの点は少々マイナスになると思うが、まだ若いうちであればリスボンという街は坂道の不便さを補ってあまりあるだけの景観の素晴らしさを持っている。

基本的には治安もいいので、移住のための重要な要素は一通り揃っているといえるだろう。

さらには不動産投資を50万ユーロ以上行うことによって、投資家ビザを得ることができるという強みもある。

こちらはゴールドビザと呼ばれるもので基本は50万ユーロだが、都市再生の対象地域にあることや、築30年以上の物件であることを条件として35万ユーロでいいという仕組みも新しく創設され、条件が下がっているということも大きい。


ポルトガル特有の2つの強み

ではリスボンに移住する場合に他のヨーロッパ諸国の主要都市とは違う強みについてみていこうと思う。

まず1つ目に関しては冬でも温暖であるということ。

リスボンはヨーロッパの中でも特別緯度が低いわけではなく、南側にあるということはない。

確かにイギリスに比べると南側にあるが、スペインやフランスと比べれば特に緯度が大きく違うというわけでもない。

しかしながら南から来る大西洋の風のおかげで冬であっても温暖で、実際クリスマスをリスボンで過ごしたことがあるが明らかにロンドンやパリ、マドリッド、ミュンヘン等の都市よりも暖かな日が続いていた。

冬の寒さを嫌って東南アジアに移住する人も多いし、実際私もフィリピンやマレーシアで3年以上暮らしてきたが、寒さがない生活というのは非常に楽なもの。

特に年齢を重ねてくると、膝や腰などの関節にくる人もいるので、冬の寒さが厳しくないというのは朗報だろう。

基本的にヨーロッパは冬の寒さがかなりひどいので、その中にあって比較的温暖であるというのは耳寄りな話。

もちろんそうはいってもリスボンでも冬になればコートが必要になるし、周辺諸国よりは多少暖かいという程度なので、常夏の国には程遠いが、それでも随分と寒さは和らぐ。

2つ目の点については食文化がかなり日本に近く、特にイワシを使った料理であるとか、魚関係の料理については海辺の民宿に泊まっているような気持ちになる瞬間があるくらい。

ヘタにリスボンで高い料金を払って和食レストランに行くよりも、イワシ料理を食べたほうが何となく郷愁を感じられたりする。

米に関しても、日本の米とは違うがそれなりにおいしい米料理が普通にポルトガル料理として食べられるので、よほど長く暮らすのでなければその点についても大きなストレスを感じずに暮らせるという面がある。

いくらピザやパスタがおいしくても、たまには米を食べたくなるが、その場合の米というのは必ずしも日本米である必要はない。

この数年間は一年のうち約90日をヨーロッパで過ごすことにしているが、その期間も特に和食を食べたいと思うこともなく、米を食べたくなったらリゾットを食べたりとか、それ以外のもので代替すれば問題はなかった。

この食文化の、日本との共通性というのもヨーロッパの中ではかなり珍しい現象。

冬が温暖であるということと、食が日本人の舌に合うというこの2つの強さをリスボンは持っている。

移住先として魅力的でないはずがない。

ただしリスボンは2度目の訪問で随分と色褪せたというか飽きてしまった部分もある。

あまり刺激の多い街ではないし、エンターテインメントが他の主要国に比べると充実はしていないので、その点は少々気がかりなところではある。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ