リスボンの路面電車やトラムは使わずに終わった




リスボンを歩いていると、所々で路面電車を見かけることがあるし、それ以上にその線路を見かけることが多い。

更に言うと、丘の上と下をつないでいるトラムというのも多くて、こちらは長距離を移動するためというよりは、急勾配の坂道を楽に登るためという位置づけになる。

私の場合は、歩くこと自体が全く苦にならないので、坂道であっても別に問題なく登ることはできるし、むしろ待つということが嫌いなので、トラムがやってくるのを待つこと自体がストレスになってしまう。

更に人気のある路線であれば、その坂道のトラム自体が観光名所になっているので、一台きてもそれに全員が乗り込むことができず、もう一台次が車で待たなくてはいけなかったりする。

何分おきに来るのか正確にはわからないが、1分や2分おきに来ているわけではないことが確かなので、そういった意味ではかなり待たなくてはいけない。

そう考えると、歩いてしまった方が実は早かったりするし、足腰が弱いとか、ひざを痛めてるとか、そういった事情がない限りは、坂道のトラムをわざわざ使わなくてもいいのではないかと思い、結局リスボンにいる間、一度も使うことはなかった。

更に路面電車についても、地下鉄はすっかり整備されている町なので、どこへ行くかわからない路面電車よりも、地下鉄を使った方が確実に移動でき、結局はそちらを使うことになった。

やはり初めての町というのは、バスであるとか、そういったものがなかなか使いづらい。

初めてどころか、1年や2年住んだ町でも、1度もバスを使わなかったりするぐらいなので、バスや路面電車を上手に使いこなすというのは、なかなか困難なところ。

以前にメルボルンに行った時には、トラムが長方形を描く形で、ぐるぐると回っているものがあったので、これについてはルートが単純ということで、使い勝手はよかったが、リスボンの場合は、そういった単純なものではなくて、どの路線がどこに行くかというのを確認しなければいけないし、結局それを考えると、歩くか地下鉄を使うかの2択になってしまった。

この傾向というのはどの国に行っても基本的には同じことで、例えばダブリンにおいても、バスや路面電車を使うと、移動しやすいのはわかっていたものの、結局使うことなく終わってしまっている。

やはりそういった意味でいうと、はっきりと路面図が出ていて、尚且つ駅がわかりやすい地下鉄であるとか、電車というのはかなり重宝するものであるということがわかる。

路面電車の場合は、乗る場所がわかったところで、降りる場所がわからないとか、そういったことは当然に起こるし、バス停等があったところで、路面電車からそれを確認できるかというと非常に難しく、かといって路面電車の中に電光掲示板のようなものが設置されていて、バス停やその駅の名前が表示されるとか、そういったことも事実上期待できないので、なかなか難しいところがあるということを感じている。

そうは言っても、地下鉄があるというだけで、リスボンというのは非常に移動がしやすい。

空港までのアクセスもいいし、カンポグランデ等のバスターミナルに行く時にも地下鉄を使って、不自由なく移動することができる。

特に荷物を持って移動する時には、こういった公共の交通手段があると、とても便利で体力を温存することができる。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ