ウッチでサンダルが壊れる




夏祭り等で、下駄の鼻緒が切れるというシーンは映画や小説でも多いが、そこから男女の恋が進展するという展開も、またお決まりのパターンの一つになっている。

しかしながらこれは、下駄を履いているのが女性の場合に限られるわけで、残念なことに、私の室内用のサンダルが、ポーランドのウッチにあるホテルの中で唐突に切れ、どうにもならないということが判明した時には何も色っぽい展開もなく、ただ買いに行くという選択が生まれただけだった。

このサンダルというのは、クアラルンプールのタイムズスクエアで買ったもので、エドウィンのロゴが入っていた。

パングラオ島にも履いていったので、何度かサンダルごと海に入ったりもしていたし、多少の思い入れがあったが、町歩きには適さず、底が薄いので、バンコクに行ったら、もう少し歩きやすいサンダルを買おうかと思っていたが、ウッチで力尽きる結果となってしまった。

結局右足用のサンダルがどうにもならないので、ワルシャワを経由し、バンコクに戻るタイミングを待たずに、買いに行くことにした。

とはいえ、ウッチのどこら辺に売っているのか、イマイチよくわからず、マヌファクトゥーラというショッピングモールに向かうことにした。

それ以外にも、ウッチにはショッピングモールがあるらしく、先日はたまたまギャラリアLODZKAというショッピングモールも見かけた。

こちらはスーパーマーケットのテスコが地下に入っている。

今回は、マヌファクトゥーラに行ってきたわけだが、ここの靴屋で無事に新しいサンダルを入手することができた。

私の場合、足が大きめなので、サイズがあるか若干心配だったが、さすがにそこはポーランド人の体系に合わせて売っているわけで、42とか43とか44とか、そのくらいのサイズが標準となっていたため、むしろ大きすぎるものがあるくらいだった。

ここら辺はやはり、東南アジアとはそもそも人の体格が違うので、心配は無用だった。

このマヌファクトゥーラの中には、F1の展示があったりとか、各種のレストランが入っていたり、更には入口の所で、イチゴの量り売りがされていたりしたが、量り売りは1kgで5.79ズオティーということだった。

つまり、1kgだいたい200円ということになり、私は500g買ったが、約100円という破格の安さだった。

ここら辺はやはり、ポーランドの食品の安さを感じるところ。

そしてそこからホテルに戻ることになったが、もうすでにウッチも多少は土地勘が付いているかと思い、地図を忘れても取りに戻らずに、そのまま気にせずホテルを出たのが間違いだった。

ミディオノワという通りを見つければ、後の道順は簡単にわかると高を括っていたが、どうやらそこをいつの間にか通り過ぎてしまったようで、いつまでたっても辿り付けず、延々歩き回るはめになってしまった。

おかげで食事も済ませて、7時過ぎにはマヌファクトゥーラを出ているにもかかわらず、ホテルに戻れたのはようやく8時半を回ったところだった。

ウッチは基本的に碁盤の目状に町が広がっているので、そこら辺は比較的わかりやすいが、それでも道に迷うというのは、少々予想外だった。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ