ブロツワフとウッチの町歩きの決定的な違い




ポーランドでブロツワフとウッチという二つの町を回ってから、ワルシャワに移動した。

ワルシャワの場合は首都であり、大都市であるので、これら二つの町とまったく様相が違い、ここではブロツワフとウッチという二つの町について、軽く考察をしてみたいと思う。

東欧の多くの町と同じように、ブロツワフは、明確な中心部となる広場が設置されている。

逆に言うと、そこを中心にして見ていけば、町をぐるっと回ることもできるし、地図を見ると、だいたいどの辺りが中心部かというのは、明確になっている。

ブロツワフの場合であれば、川や運河で囲まれている辺りの、更にもう少し中央の部分が中心部だが、事実上中央広場とその周り徒歩1分ぐらいで、どこがこの町の真ん中かというのが決まってくる。

これに対してウッチは、全く異質。

地図を見ても、どこがメインの場所になるのかというのが全くわからない。

そして、町をブラブラしていても、ほとんどは地味な住宅街であるとか、寂れた商店街とかで、残念ながら華やかさとは無縁の場所が大部分となる。

更に言うと、明らかに精神が正常ではないような目つきの男が、話しかけてきたりすることも少なくないので、あまり町歩きが快適とは言えなかった。

ではウッチは、ただただ寂れた町なのかというと、そんなことはない。

ポーランドの中でもワルシャワに次ぐ第二の都市だし、五大都市圏の中では、唯一人口が減少傾向にあるとはいえ、今でも多くの人が住んでいるし、観光客もたくさん立ち寄る町となっている。

そしてこの町は、広場ではなく、メインストリートが一本あって、そこにレストランや、アートギャラリーや、ジェラットリア等が立ち並んでいる。

だいたい15分ほどで歩ける距離だが、南北に道が貫かれていて、ピョトルコフスカ通りという。

もっともピョトルコフスカ通りが全てメインストリートというわけではなくて、華やかなのはその半分ぐらい。

残りの部分は、他の道と変わり映えはしないし、とてもメインストリートの延長線とは思えないほど地味になっている。

ブロツワフの場合は、中央広場を中心にして回ればいいので、複数の箇所を回るのも楽だが、ウッチの場合、一度端から端まで行くと、また同じ時間をかけて戻ってくることになるわけなので、片道が15分であっても、往復では30分とかなりの時間がかかる。

しかもピョトルコフスカ通り以外は、地味で歩いていても楽しい道ではないので、結局は来た道を戻ることになり、そういった意味でも新鮮さが失われるのは残念なところ。

私は、このメインストリートであるピョトルコフスカ通りの、南端の辺りにホテルを取っていたが、マヌファクトゥーラ等の一部の見所が北側にあることもあり、何往復かすることになったが、数日いるだけで十分飽きてしまった。

しかしながらウッチは、4ズオティで500mlのビールが飲めたり、2ズオティで美味しいジェラートが食べられたりと、物価の安さが目立つ町だった。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ