セブのチョコレート専門店 MAITRE CHOCOLATIER で食事をしてみた


チョコレート専門店でケーキやスイーツを食べるということは普通だが、すべてのメニューにチョコレートが使われている料理ということを聞いた時に、そのコンセプトに興味をもった。

セブのアヤラモールの地上階にあるMAITRE CHOCOLATIERという店で、こちらは店先に並んでいるケーキのショーケースがとてもおいしそうで、以前にも入ってみたことがある。

しかしこのときに食べたのはケーキだけで、料理は注文しなかった。

この時にはカフェに用意されている食事のメニューくらいにしか思っていなかったのであまり気にもとめていなかったが、知人からこの店の料理にはすべてチョコレートが含まれていて、かなりこだわっているということを聞いてみたので、その噂を信じて行ってみると確かにメニューには細かくどのようなチョコレートを使っているかということも書かれていて、なかなか興味深かった。

ということでまずはホワイトチョコレート入りのパンプキンスープを注文してみた。

てっきり隠し味的に使われているだけかと思いきや、一口目からホワイトチョコの甘さがかなり強気に主張してくる。

ただし甘ったるいだけではまずいと思ったのか、スパイシーに仕上がっているので、口に含んだ時の甘さと後味の辛みとがうまい具合にバランスがとれている。

このパンプキンスープはかなり小さめの器で出てくるが、あまり大きいとおそらく飽きてしまう味なので、ちょうどいい量なのではないかというふうに感じた。

つづいてパスタも頼んでみたのだが、こちらボルネーズというかひき肉の上にパスタが乗っているタイプで、カカオ70%のチョコレートを使用していると書いてあった。

しかしながら私の記憶にあるカカオ70%のチョコレートよりも、むしろこのひき肉とソースの部分のほうがより甘いような感じがした。

パンプキンスープからこの甘いパスタに関しては流れとしてよくなかった。

はっきり言って甘すぎて飽きる。

流れがわるいというかことパスタに関しては単体でも個人的にはあまり趣味ではないという結論に至った。

そして甘味に耐えながらとりあえず完食するともう既にケーキを追加でデザートとして注文する気力はなくなり、もうとりあえず甘いものはいらないという気分になっていたので、そのまま店をあとにすることにした。

このショコラティエという店にはケーキの他にも板チョコ等の物販もあるし、さらにいうと当然ながら甘い飲み物、例えばホットチョコレート等も用意されている。

チョコレート好きには天国のように思えたが、さすがにこの料理に甘い飲み物を合わせるというのはあまりにもしつこすぎるというか糖分の摂りすぎで気分が悪くなってしまいそうな感じがした。

ランチでこの店の食事をとったので、その日は一日もう甘いものを食べる気分にはなれず、むしろ夜にはしょっぱいものがほしいと思って同じくアヤラモールの4階にあるスイートルームでサーフ&ターフという串焼きの牛肉やエビがサイドディッシュのサニーサイドアップやマッシドポテトと一緒に出てくる料理を頼むことにした。

個人的にはこのショコラティエという店のケーキは絶品だと思っているが、料理に関してはあまり合わないかもしれないというのが今回の率直な印象。

もっともいろいろなメニューがあるので今回の件だけで決めつけるつもりはないが、あまりランチやディナーでリピートしたいとは思わなかった。

今後はケーキを食べにいく店として時々通いたい。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ