マレーシアの物価が安くないことを現地居住者として暴露してみた




一般的なイメージとして、南国マレーシアの物価は、日本に比べて著しく安いというイメージがあるし、1/3の生活費で暮らすことができるとか、そういった情報を目にしたこともある。

確かに現地の人の所得水準ということを考えてみると、月収が10万円とか、そのくらいということはざらにあるわけなので、そのくらいの生活費で生計が成り立つということは、あながち間違いではない。

しかしながらそれが、日本人にも当てはまるのかというと、かなり間違っているということが実際のところ。

私自身も2年以上マレーシアに住んでみて、更にはジョホールバルからマラッカ、クアラルンプール、一方ペナンと縦断をしたりもしてみたが、物価に関して言うと、かなり間違った情報が日本人に届けられているという風に感じている。

そこで今回は、このテーマについて実際のところを語ってみることにした。


マレーシアの人件費は周辺国より高い

タクシーの初乗りは、3リンギットと日本円で100円を少し超える程度。

こういったところには、マレーシアの物価や人件費の安さが表れているものの、単純に安さだけではなく、その質ということも考えておかなければいけない。

マレーシアというのは、周りの国と比べても、タクシーのトラブルは多いし、私自身もタイやフィリピンと比べ、圧倒的にマレーシアではタクシーに乗りたくない。

しかしながら、移住先が車を使わなければ生活できないような場所だったこともあり、渋々タクシーを利用する場面も多々あったが、かなりの頻度でトラブルに巻き込まれた。

単なる乗車拒否や運賃の引き上げ程度であれば、どの国でもよくあることだが、マレーシアの場合、運転手が途中で当初の合意よりも料金を吊り上げてきたり、それを突っぱねると怒鳴ってきたりすることも多々ある。

特にインド系の運転手は、この傾向が強かった。

周りの国と比べて、タクシー料金はほとんど変わらないものの、より人件費が反映されるマッサージや美容院に関して言うと、少々割高なところがある。

と言っても、この点に関して言うと、日本に比べれば圧倒的に割安で、例えばクアラルンプールのブキビンタンエリアには、多数のマッサージ店が集中していることで有名だが、1時間のフットマッサージやタイ式のマッサージを受けて1500円~2000円程度。

バンコクから比べると、1.5倍~2倍程度の料金とはなっているものの、日本の半額以下で受けられるわけなので、圧倒的に安い。

美容院に関しては、パビリオンのような高級ショッピングモールの中ではなく、微妙なショッピングモールの中に入っているところであれば、3000円程度で切ってもらうことができる。

これも日本の感覚からしてみれば、かなり安めだが、タイやフィリピンの倍ぐらいということで考えると、周りの国よりは、若干割高ということになる。


日本人が住む場合の家賃は安くない

マレーシアに移住する人にとって、物価の中でもかなり大きなウエイトを占めるのは、家賃になる。

この部分の費用がどうかというと、クアラルンプールのモントキアラという、日本人や外国人が多く住む郊外のエリアであれば、単身者向けのコンドミニアムであっても、家賃6万円~7万円というのが、選択肢がある程度確保できる最低ラインということになる。

それ以下の物件が見つからないわけではないものの、治安の問題であるとか、建物の管理状態とか、そういったことを考えると、あまり有力な選択肢にはならない。

そうなってくると、家族連れで行った場合には、月の家賃が10万円を超えるということもざらにあるし、家賃の部分に関して言えば、マレーシアの物価が安いということは、既になくなっている。

東南アジア各国に共通して言えることだが、世界中で現金がありあまり、そのお金が新興国に流れてきているために、家賃の上昇率というのは高く、その影響はクアラルンプールやマレーシアの各地についても、例外ではない。

特にクアラルンプールやペナンのような、移住先人気都市というのは、この傾向が著しい。

その為、家賃に関しては、日本の地方都市に住む場合よりも、かえって割高になっていたりもする。


ダイソーで見る物価の話

クアラルンプールの、パビリオンというショッピングモールの、東京ストリートと呼ばれるエリアには、ダイソーも出店している。

こちらは5リンギットが基本となっているので、日本円に直した時に、だいたい180円~190円ぐらいとなっており、日本の倍ぐらいの価格になる。

品揃えに関して言うと、日本のダイソーとたいして変わらないので、物価が安いどころか、マレーシアの方がダイソーに関して言えば割高になるが、それでも現地の人を中心に、店はいつも賑わっている。

単純な賃金水準だけで、生活費や物価を語ることはできないのは、マレーシアを始め、新興国に共通して言えること。

将来への不安が少ない国というのは、それだけ貯蓄に回す資金というのに、気を配らなくていいし、更に言えばマレーシアも、多くの外国人であるとか、あるいは国内でも一部の富裕層というのが、多く住んでいるわけなので、庶民とそれらの層との差というのは大きい。

食品に関しても、果物や野菜に関しては、日本よりも割安感があるものの、和食レストランやイタリアン等の店に行けば、日本とたいして変わらないぐらいの価格はするので、極端に物価が安いとは言えない。


コストパフォーマンスが悪いものも

他にもマレーシアだと、服の価格が比較的安く、これは特にクアラルンプールにおいて感じること。

逆にペナンやジョホールバルにおいては、そもそも安くで服やバッグを売っている店というのが、あまり多くはない。

クアラルンプールであれば、例えば、インビ駅に隣接しているタイムズスクエアというショッピングモールは、格安なものを中心に売っていて、バンコクのプラチナムショッピングモールの、もう少し整然とした場所という印象がある。

ここであれば、5リンギット程度でタンクトップが売っていたりはするが、デザインや生地の縫製に問題があり、決してコストパフォーマンスは良くない。

まして、5千円ぐらいのTシャツのような、日本とたいして変わらないような店で買っても、作りがかなり適当だったりするので、イマイチ割安感はない。

この辺りは隣国のタイと比べると、かなり事情が違ってくるので、マレーシアに住んでいた頃も、服を近くで買うのではなくて、バンコクに遊びに行った時にまとめて買ってくることが多かった。

これは靴やバッグについても、同じことが言える。

こういった事情は、マレーシアに住み始めるまでは、あまり漏れ伝わってくることがなかったところ。

しかしながら、現地に住んでみると、単純に物価の安さを享受できるわけではないし、シニア世代が老後に、リタイアメント先として、悠悠自適な年金暮らしをする場所としても、必ずしも適しているとは言えない現実がある。

もちろん、ある程度の額の年金をもらえる人であれば、老後をゆったりと暮らすことができるが、月10万円程度の年金しかないのであれば、マレーシアの物価を考えた時に、決してゆとりのある暮らしを送ることはできないし、カツカツの生活になる可能性も十分に出てくる。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ