マレーシアの治安を2年住んだ経験から語る




東南アジアの中でもマレーシアといえば治安がいいイメージがある。

たしかに気をつけていれば、それほど危険な国ではない。

ただ、完全に安全というわけではなく、
私は移住翌日に詐欺にあっているし、
強盗にあった友人の話も聞いている。

私が騙し取られたのは1万円台だったし、
友人の被害もバッグ1つだけで本人は無傷だった。

とは言え、こうしたケースも実際に存在する。



東南アジア各国を周ってみた結果として、
それほど危険ではない国が多い。

タイはマレーシアより治安がいいし、
ラオスも安全な国。

シンガポールは周知の通り治安がいい。

ジャカルタやマニラはマレーシアより危険だが、
気をつければトラブルは回避できる。



たとえマレーシアであっても気を抜いたら危険だし、
ジャカルタやマニラでも危ない場所を避けたり
トラブルに巻き込まれないように気をつければ
問題なく過ごすことができる。

日本はどうかと考えても、決して安全とは言えない。

夜に人気のない所をうかつに歩いたり、
物騒な街の裏通りに入ったら危険なのは日本も同じ。

カツアゲは恐喝なわけだが、
そうしたことが事件化せずに起こっていると考えれば
そこまで安全なわけではない。



そう考えると、日本や東南アジア各国の治安の差は
思っているほど大きくない気がしてきた。

マレーシアの治安にしても、
日本人が無理なく暮らせるレベルなのは間違いない。

友人が強盗にあったのは夜中だし、
そうした時間の行動を避けるのは安全のための基本。

昼間から危険な事件が次々に起こっているわけではない。


その反面、最低限の注意は当然に必要なので、
荷物を置いて席を離れたりはもちろんできない。

要は海外旅行に入った時と同じ程度の注意をしておけば、
マレーシアで暮らしていくにも問題ない。


東南アジアだからといって恐れる必要はないし、
治安がいいと聞いたからといって
日本と同じ感覚でやって来るのも問題。

慣れるまでは適度な緊張感を持って行動することをお勧めする。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ