マレーシアに移住するデメリットを経験者が語る


今年になってフィリピンに来るまでは
マレーシアに移住して2年以上暮らしたが、
その時に感じたデメリットについて語ってみよう。




真っ先に思いつくのはネット環境。

レストランやカフェでwifiが使えるのはいいが、
自宅でのネットがとにかく遅かった。



まずマレーシア移住して最初の1年に住んだコンドミニアムでは
1メガのADSLを使っていた。

それ以上に早いコースが通らなかったため。

ちなみに、マレーシアの大手のTMという会社だったが、
最高速度が4メガ、
それもごく一部のエリア対象のサービスだった。


YouTubeの動画もなかなか再生できず、
ユーストリームは事実上無理という環境。

これは移住に伴うデメリットだった。

仕事で使うこともあり、
ネット環境が悪いのは痛い。



2年目のコンドミニアムにいたっては
ネットが開通できないという状況に。

仕方ないのでiPhoneによってテザリングをしてしのいだが、
ますますネットのスピードは遅くなってしまった。

仕事もなかなか進まず、
近所のカフェをさまよい歩く日々だった。



逆に意外にマレーシア移住のデメリットにならなかったのは
食事の面で問題がなかったこと。

和食レストランが思いの外レベルが高く、
全然満足できるものだった。

唯一ラーメンは美味しい店がほとんどなかったが、
それ以外は不満がないレベル。

たまにバンコクに遊びに行った時に
より高いレベルの和食を食べていたので、
わざわざ日本に帰って和食を求めようとは思わなかった。

実際、マレーシアに住んでいる間は
一度も日本に戻らなかったぐらいなので。



それと結果論でしかないが、
マレーシアに移住してから人間関係に恵まれた。

近隣に知り合いがいなくなってしまい、
それがデメリットや不安要素になる人も多いと思うのだが、
私はたまたま知り合った1人をきっかけに
日本人の知り合いが増えていった。

結果、日本に暮らしていた時よりも良い友人ができた。


これはきっかけ次第だし、
もちろんマレーシアに移住すれば誰にでも起こるわけではないが、
結局はどうなるかは分からないのだと思う。

日本にいる時の余計な人間関係から離れられることは
大きなメリットでもあるわけだし。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ