マレーシア移住に失敗する人の共通項




マレーシアに移住して私は快適な生活を送れたが、
日本を出て失敗だったと感じる人もいる。


話を聞いていると、
そうした人には共通点があると感じたのでまとめておこうと思う。

まず、重要な点として、
マレーシアが楽園だと誤解して暮らし始めた人が少なくない。

世界のどこにも楽園などないのに、
何の不満もなく暮らせる国だと思って
期待に胸をふくらませて来ているので、
もちろん現実は期待を下回る。

これによってマレーシアへの移住が失敗だったと感じているケースが
かなりあるようだ。

勝手に期待して、勝手に失望するパターン。



マレーシアに移住するのにはメリットもデメリットもある。

たとえば、メリットとしては物価が安いこと、
気候が安定していること、地震等の天災がほとんどないこと、
コンドミニアムにプールやジムが付いていること、
英語や中国語を学びやすい環境であることなどがある。


デメリットとしては、
各種サービスの質が低いこと、日本語が通じないこと、
交通インフラが日本より整っていないこと(電車等)、
ネット回線が遅いことなどが挙げられる。

こうしたデメリットの1つ1つを見ていくと、
時としてストレスを感じる。

「こんな国に来て失敗だった」と愚痴を言いたくなるのも分かる。


ただ、どの国に住んでいても何かしらの不満はある。

もちろん日本にいても。

重要なのはトータルで見た時に、どの国が住みやすいか。

その視点で見ると、マレーシアは悪い国ではないと感じる。



だが、不満の点にフォーカスしてしまえば、
マレーシア移住は失敗と感じることになるだろう。

不満の一点に意識を向けてしまう人が日本に戻ったところで、
満たされた生活ができるのかは謎だが・・・。



たとえば、ネット回線を解約した時のこと。

解約後に戻ってくるはずのデポジット(保証金)が
規定の期間になっても全然戻ってこなかった。

結局、その後1年ほどたってようやく戻ってきたが、
当初聞いていた金額とも違っている。

これは当然イライラしたし、不満だった。

そのTMという会社を選んだことは失敗だったし、
2度と使わないと心に決めたが、
これを持ってマレーシアへの移住まで失敗だったとは思わない。

たしかにマレーシアの会社に対する不満ではあるが、
あくまで一企業のやったことでもある。


ここでマレーシアという国全体を嫌ってしまえば、
それで移住は失敗という結論になるだろう。

同じことを経験したとしても、
捉え方で印象が大きく変わってくる。



こうしたマイナスの要素に接した時に考えるようにしているのは、
プラスの要素との差し引き。

足し算の結果がプラスになるのであれば、
その国の住み心地は悪くないことになる。


特定のポイントに絞ってみると、
東南アジア各国は日本よりも劣っている点はある。

ただ、トータルでの住み心地で考えると、
決して悪いものではない。

その視点を持てるかどうかによって、
海外生活に踏み切ってよかったと思えるか、
失敗だったと後悔するかが変わってくるのだろう。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ