マレーシア旅行で要注意のあの場面。トラブルの多くが集中するタイミング


マレーシア旅行で注意してほしい点について、
現地在住者の視点からまとめてみた。

圧倒的にトラブルが起きやすい場面は1つ。

それがタクシーに乗る時。


東南アジアの中だと、
ベトナムやインドネシアがタクシードライバーが悪質で
要注意な国として挙げられることが多い。

しかしながら、マレーシアも負けず劣らず。

むしろこちらの方がたちが悪いとすら思える。


大前提として、
マレーシアで地下鉄が走っているのは
首都のクアラルンプールのみ。

クアラルンプールに関しては、
モノレールに当たるスカイトレインもある。

空港から街中までもKLIAエクスプレスという鉄道が作られ、
数年前のようにタクシーやバスで街中まで移動する必要もなくなった。

そのため、訪れる場所を選べば、
わざわざタクシーに乗らずに街中を移動できる。

ただ、東京のように地下鉄網が張り巡らされているわけではなく、
やはりタクシーが必要になる場面も。



クアラルンプール以外のペナン、マラッカ、ジョホールバル等は
どこもバスぐらいしかない。

時刻表も設置されておらず、
ひどいところではバス停らしきものすらなかったりするので、
マレーシアに旅行で訪れて使うにはハードルが高い。

そのため、主要な交通手段はタクシーになる。

これが頭の痛い問題で、
かなりの頻度で嫌な思いをすることになる。



それぞれの街ごとの特徴を見ると、
まずペナンはメーターを使うことがほぼないが、
向こうの言い値を飲めば面倒は少ない傾向にある。

法律的にはメーターを使う義務があるので理不尽だが、
ルール通りにメーターを回すドライバーはほぼいない。

灼熱の日差しの中で
そんな奇特なドライバーを探すのは至難の業。

ペナンに行く際には、
その点は最初から込みで考えた方がいいだろう。


クアラルンプールは要注意な街で、
観光で訪れる人が多い主要都市の中では
もっともタクシー事情が面倒な傾向にある。

メーターについては、
使うドライバーも半数以下だがいる。

ただ問題なのは、メーター使用の有無に関わらず、
何をしてくるか分からないところ。

私自身もクアラルンプールで体験したのは、
友人達と6人でタクシーに乗ることになり、
2台に分譲した。

この時に乗ったのは流しのタクシーではなく、
タクシー乗り場で客待ちしていた車。

マレーシアではスーパーやホテル等、
色々な場所で客待ちをしている。


特にわかりづらい道だったわけではないが、
先導する車がなぜか別の方向に行こうとした。

しかも裏通りのような方向へ向かおうとしている。

私の乗っていた後続の車が
クラクションを鳴らして警告を発し、
一度車を降りて向こうのドライバーと話に行った。

険悪なムードが漂った後、
向こうもやれやれといった具合で席に戻り、
正しい道に修正した。

私達のタクシーのドライバーは終始無言だったが、
一緒に乗っていたマレーシア在住のベトナム人が
降りてから語っていたところによると、
向こうの車が細い道に客を連れ込んで
強盗したりする手口がクアラルンプールではあるらしい。

これはマニラ等でも報告されているやり口。

どうも私達の側のドライバーが
それをやめさせに行ったのではないか、ということだった。

おちおち安心して移動もできないが、
これは外国人旅行者が訪れないへんぴな場所ではなく、
中心部のブキビンタン近くでの話。

もはや避けようがない。


シンガポールのジョホールバルの場合、
住んでいたのでトラブルの数は多かったが、
クアラルンプールよりは相対的に質がましな気はした。

とは言え、コンドミニアムからの移動に
毎回タクシーが必要だった1年目でうんざりしたため、
2年目は歩いて行ける範囲で生活が完結するように
注意して部屋を選んだ。

なにしろ、マレーシアに移住してから、
様々なタクシーでのトラブルを体験したので。

いくつか例を挙げると、

メーターを回して走ったと思ったら、
到着した時にメーターが壊れていると言い出して
追加料金を請求してきたり。

この時は断ったらドライバーがしつこく文句を言い続け、
早々に怒鳴り始めた。


マレーシアでよく利用していたスーパー、JUSCOの前で
客待ちしていたタクシーが
明らかに高すぎる金額を呈示してきたので
乗るのをやめたら延々怒鳴ってくるとか。


流しのタクシーを止めて行き先を告げ、
向こうが交渉してきた金額で同意したのに、
途中で「予想よりも遠かった」とずっと文句を言い続けたり。

この時は自宅に帰る際で、
最初からコンドミニアムの名前を伝えていたし、
それで向こうも場所を理解していた。

つまり、距離の予想が外れたとしても
完全に向こうの落ち度ということになる。

加えて言えば、
メーターを回す時の倍近くの料金を元々払う約束をしていた。


シティスクエアというショッピングモール近くで
タクシーを拾った時には、
メーター料金に加えて
「シティスクエアに戻るから、帰りの分で倍額」と
降りる時に言われたことも。

もちろん断ってメーター分だけを支払ったが、
降りてからも何かを言いながら
しばらく車ごと付きまとわれた。



男であっても、マレーシアのタクシーには注意が必要。

彼らのたちが悪いのは、脅しを平気でしてくること。

怒鳴ったり、席を叩いたり。

女性であればなおさら身の危険を感じるはず。


トラブルを避けるには、
まずクアラルンプールでは極力地下鉄やスカイトレインを使うこと。

そもそも危険に近づくことはない。


それ以外の街を訪れるなら、
タクシーに乗らないというのは現実的ではない。

空港から中心部までも距離がある。

そうした場合には、
通りで流しのタクシーを拾うよりも、
タクシー会社に電話した方がトラブルが少ない。

この場合、会社にクレームが行ったら
オペレーターが手配した履歴から車両が特定され、
自分の犯行が割り出されるという心理が働くのだろう。


ただし、同じマレーシアでも街によって会社が違う上、
わざわざ現地のSIMを買わないといけない、
最低でも英語が多少話せないと厳しいといったハードルがある。

注意点としては、
混み合っている日だと待たされたり、
手配ができないと言われることもある。

わかりやすくイベントがある時や祝日ではなくても、
時々このようなことが起こる。

オペレーターの言っていることを聞き取れないと、
暑い中待ちぼうけをくらうことになりかねない。


レストランで食事をした後なら、
店で手配してもらうのも手。

ローカルレストランでは
「自分でそこの通りでつかまえろ」と言われることが多いが、
普通の店なら手配してくれる。

この場合は店がタクシー会社に電話するので、
履歴が残る。


ホテルの場合は目の前にタクシーが止まっていたりするので、
電話で呼んでもらうのが不自然な時も。

その場合はドアマン等に
車のナンバーを控えてもらって
プレッシャーを与える方法もあるが、
面倒なのが難点。

そもそもホテルのスタッフが意図を理解してくれないと、
相手に分かるようにやってくれないという問題もある。


どこまで注意を払っても、
マレーシアの移動を完璧に安全に、
ストレス無しでというのは難しい。

これは現地に住んでいても感じることで、
まして旅行でちょっと訪れただけならなおさら。

彼らはお金が目的なので、
面倒なことに巻き込まれずに旅を楽しみたいなら、
どうせ期間も限られているのだし
相手の言い値で支払うのも1つの方法なのかもしれない。

マレーシア人タクシードライバーのあの態度を見慣れていると、
気持ちの良い手段ではないが。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ