マレーシア移住・ビザの取得が難しくなるかもしれない




マレーシアにはMM2Hという永住権に近いビザがある。

これまでは50歳未満なら約900万円(30万リンギット)、
50歳以上なら約600万円(20万リンギット)を
マレーシア国内の定期預金に入れれば
取得できるというものだった。

世界的に見ても、
フィリピン以外ではトップクラスで簡単に取れるビザになる。



ただ、この条件が変わる可能性が出てきた。

モハメド・ナズル観光文化相が、
質の高い申請者を確保するためにハードルを上げて、
定期預金額を200万リンギット(約6000万円)にするべきと発言した。

最初は桁を間違っているのかと思ったが、
そういうわけではないらしい。

900万円から6000万円とは一気にハードルが上がるが、
他の国と比べれば特別に高い水準ではない。

むしろ、これまでのハードルが低すぎたとも考えられる。



MM2Hが取れないということは、
マレーシアに移住するのが困難になるということ。

ビザなしでも1年程度なら住めるが、
それ以降は入国が難しくなる。

さらに言えば、ビザの要件が厳しくなれば、
この1年はビザなしで大丈夫という状況自体が
見直されることもありえる。


これまでにMM2H取得者は2万人を越え、
2012年だけでも3200人以上だったという。

前年比では約35%。

そろそろマレーシア政府も外国人の受け入れに
慎重な姿勢に方向転換する頃かもしれない。



タイ、香港、マカオ、オーストラリア、カナダ・・・。

各国がこの数年の間にビザのハードルを大きく上げた。

十分に外国人を誘致できたら、
後は一部の大富豪以外は受け入れるメリットがなくなる。

マレーシアも、その段階が近づいているのかもしれない。



私はMM2Hをすでに取得したので関係ないし、
この件がなくてもマレーシアよりフィリピンの方が
移住先としては魅力があると思っている。

これは両方の国に住んでみての結論なのだが、
それぞれの国を比較した話もいずれできればと思う。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ