マニラの美容院に行ってみた


海外で髪を切ってもらうと、
時として日本人では考えられないテイストにされる。

美容院選びは慎重にしたいところだが、
フィリピンに移住してからは特にあてがあるわけでもない。

マニラ・マカティでも美容院は散見されるのだが、
中には美容院ではなく床屋といった感じの
明らかに現地人のおじさん向けの店も。



とりあえずマカティの中で無難なところと考えて、
グリーンベルトの中にある美容院を選んだ。



ここは高級ショッピングモールなので、
その中にある美容院ならそれなりのレベルなのだろう。


店内はきれいで、新興国の雰囲気はみじんもない。

これなら不安はない。


中に入ると白衣を着せられて、
その上にシートのようなものをかぶせる仕組み。

シャンプーしてからカット、
終わってから再びシャンプーなので、
日本のやり方と基本的な流れは変わらない。


マレーシアのように、
いきなりカットして座ったままマッサージ、
その後シャンプーという流れではない。


バンコクの美容院もマニラと同じ方式だった。

バンコクやマニラの今回の美容院に
マッサージは付いていない。


シャンプーをしてくれるのは助手らしき人で、
カットの時は別の人が出てきて、
助手が顔についた髪の毛をブラシで払ってくれる。

仕上がり自体は、
マレーシアの片田舎、ジョホールバルと変わらないか、
若干劣っているような気が・・・

初めてなので、こんなものか。



そして、カットの代金が1200円ほど。

さすがは人件費が安い国だが、
この一等地の中でこの価格で大丈夫なのだろうか?

フィリピンの普通の店の価格なら納得だが、
グリーンベルト内という事情があるので、
ここまで安いとは思っていなかった。



ちなみに、助手の人のおばが
日本人と結婚して日本在住らしく、
彼女も日本に行ったことがあるらしい。

日本語も少しだけ知っていた。

フィリピンには日本語を話せる人が多いことを、
移住してきてから実感する。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ