マニラで服をクリーニングに出してみた




バンコクからマニラに移動してきて、洗濯物がたまってきたので、クリーニングに出すことにした。

バンコクの場合であれば24時間も経てば洗ってくれているものの、こういったことというのは街によって大分期間が違う。

例えばマレーシアのクアラルンプールであれば普通に洗濯物を出すだけだと、3営業日かかるとか、翌日に洗い終わっているようにすると追加料金がかかるとか、そういったシステムを取っている店もある。

今回、マニラのブルゴス地区で見つけた店の場合は二日かかるということで、木曜日に洗濯物を出して、土曜日には受け取れるということだった。

といっても実際には48時間以上かかっていて、木曜日の昼間に渡して土曜日の夜7時に終わるということ。

更に言うと土曜日の夜8時には店が閉まってしまう上に、日曜日は店が休みということで、かなりスケジュール的には余裕がない。

しかも日曜日の午後にはセブに旅立ってしまうので、それまでに服を受け取れないとかなりまずいことになる。

しかもフィリピンの8時閉店というのは、かなりいい加減なところがあるので、それを大幅に早める可能性もある。

ということで実際問題としては土曜日の夜6時くらいには一度様子を見に行って、もし出来ていないのであればもう一度来るということを言い残して、軽めに食事をとり、あまり遅くならないうちに再度店を訪れる必要がある。

この場合、今日中に必ず訪れるからという伝言をしておいたからと言って、店側が待っていてくれる保証はどこにもない。

特にフィリピン人の気質として、そういった正確な事務作業であるとか、顧客意識というものはないので、必ずこちら側で問題が起こらないようにマネジメントをしておく必要がある。

ということで、相手にはあまり過剰な期待はせずに、自分の方で問題を未然に防ぐという意味で、土曜日の夕方ごろというのは予定を入れられない状態になってしまった。

ちなみにこのフィリピンの店の場合は3キロからということだったので、実質的に1キロ弱の洗濯物ではあったものの、3キロ分の料金を払うことになった。

とは言っても120ペソということなので、300円かかるかかからないかくらい。

それで洗濯をしてもらえるということなので、非常に安いし重宝する。

ちなみにバンコクの場合であれば1キロが90バーツということなので、だいたい270円くらいになる。

ということはフィリピンで3キロクリーニングに出すのと、バンコクで1キロクリーニングに出すのは料金的にはほぼ同じということになる。

ちなみにこの場合のクリーニングというのは、ただ洗濯機で洗って乾燥機をするだけで、アイロンがけであるとか、糊付けとか、そういったものは含まれていない。

スーツのような服を出す場合は全くそれとは別の契約になって、今回のはあくまでも家庭用の洗濯を代わりにしてくれるといったサービスになる。

こういった内容の店というのは旅行者が多い街にはかなりの頻度で存在するし、コインランドリーよりも便利なので、旅を続けていく上でとても助かっている。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ