マニラの不動産が安い時期はすでに終わった




フィリピンの首都マニラの不動産は、他の新興国の例にもれず、価格が高騰し、既に安いと言えるような時期は終了している。

私自身もマカティ地区に1年間住んでみて、様々なコンドミニアムのモデルルームを見に行ったり、大きなショッピングモールであれば、必ずといっていいほど設置されている、プレビルドを中心としたコンドミニアムの販売ブースで話しを聞いてみたりもしてみたが、日本と比べてもマニラの不動産、特にマカティやグローバルシティの物件に関しては、割安感を感じなくなってきた。

当然ながらフィリピンの経済力自体はまだまだ日本よりも低いし、人々の所得水準も低いまま。

その状態で、これだけ物件価格が高くなってしまうと、今後の見通しというのは、かなり厳しくなってくる。

但し、マニラの不動産は、安くはなくなったとはいえ、実需に伴って成長しているところもあるので、一概に単なるバブルだとは言えない部分もある。

しかしながら、投資をするのであれば、かなり慎重に物件を選ばなければ、いけないステージに達しているのは明らかなこと。

これは投資修業のために、1年間住んでみて、つくづく感じたところだった。

マニラ以外に、セブにも不動産の視察に行ったり、実際にコンドミニアムを購入したりもしたが、この2つの町を比べた場合に投資家として、有望なのはやはりマニラだと思う。

物件価格は大きく変わらないが、人口や経済規模、需要という部分では大きくマニラの方に軍配が上がる。

その状況において、あえてセブに投資をするのであれば、リゾート地としてのメリットを享受できるようなロケーションであるとか、そういった特殊な事情がない限りは、厳しいように感じる。

それに対してマニラは、マカティやグローバルシティ、またその中でも、フォートボシファティオとか、そういったエリアというのは、どんどん地価も賃料も上がっている。

他にも、ホルティガスとか、そういったエリアも不動産価格は、上昇しているので、長期的にキャピタルゲインを得る目的で、やっていくのは有りだと思う。

セブに比べれば、比較的広範囲で、実需の拡大が見られるという意味ではやや難易度は下がるものの、なぜか日系の不動産会社が、あまり信用できないのがフィリピンという国で、きちんとした営業をしている会社もあるが、そうではない会社の黒い噂を度々耳にするのが、この国の特長でもある。

日本人が以前から多く住んでいる国であれば、それなりに日系の会社も進出して、長期間に渡ってサポートを続けていることも多いが、それによってある程度ブラッシュアップされている国と、うまく淘汰が働かず、歴史がそのまま信用に繋がっていないような、ケースと分かれているが、フィリピンの場合は、残念ながら後者ということになる。

私自身、マニラに移住してから、不動産会社やビザ業者については、半年ほど調べることになったが、逆に言えばそれだけの期間、確認しなければいけないほどに、不安を感じる状況だったということになる。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ