チェンマイのMAYAショッピングモールのルーフトップバーに行ってきた




MAYAライフスタイルショッピングセンターというモールが、チェンマイの中心部から西側に歩いて10分ほど行ったところにある。

こちらは比較的新しいようで、どうやら去年にできた模様。

更に屋上が解放されたのは、去年の年末ぐらいということで、まだ1年も経っていないということだった。

そしてこちらのMAYAショッピングモールの屋上は、NIMMAN HILLと名付けられている。

6階か7階建ての建物なので、それほど高いわけではないが、ショッピングモールということで、普通の居住用のコンドミニアムと比べると、1階ごとの高さがあるし、チェンマイの場合、高層ビルと言えるようなものがほとんどないこともあって、屋上に上ると辺り一面を見渡すことができる。

西側には山が見えていて、天気によっては雲がかかっていたり、ハッキリ見えたりする。

MAYAライフスタイルショッピングセンターには、食事をしに何度か訪れていたので、屋上にも一度ならず時間帯を変えて上ってっみたが、私が一番好きなのは、日が暮れる寸前の優しい光が残っている時間帯。

夕焼けよりも後で、夜より手前の時間帯というのは、町が青く染まっていて美しいし、何よりもこのNIMMAN HILLに並んでいるルーフトップバーが綺麗な光景になる。

ここにはバーの他にレストランもあったりして、良い雰囲気になっている。

正直なところチェンマイの町を一望できると言っても、そこまで美しいと感じるようなものではないし、どちらかというとゴミゴミしていてイマイチだが、この屋上自体はとても綺麗で、MAYAライフスタイルショッピングセンターが、チープな店を中心に抱えているのに対して、屋上に関しては価格設定もだいぶ上がり、本格的なお酒や食事を提供している。

例えば、4階にあるレストランフロアだと、ココイチとかしゃぶしとか、やよい軒のようなタイならどこにでも入っているような店が中心になっていて、個性が全くないし、所謂こだわりの店ではなくて、標準化した店舗といった感じがする。

しかしながら、NIMMAN HILLには、質も価格ももっと高いところが揃っている。

例えば、チェンマイだけではなくて、バンコクでも人気のMYSTという店があるが、こちらはバーになる。

単純に美味しいカクテルを提供してくれるだけではなくて、パフォーマンスでも人気で、ランボルギーニというお酒では、グラスをいくつか立てに重ねていって、そこに発火して炎上させるとか、そういったことをしてくれる。

他にも、RAYA CAFEとか、いくつかの店が並んでいて、この辺りというのは夜になると、非常に人気のスポットとなる。

チェンマイでルーフトップバーというと、暑そうなイメージがあるかもしれないが、日が暮れるとかなり涼しくなるので、野外の店であってもそこまで暑くはないし、テラス席の他に、ちゃんとエアコンの効いた室内の席もあるので、そこら辺は自由に選ぶことができる。

ちなみにこのMAYAライフスタイルショッピングセンターには、日本人がいるのかどうかはよくわからないが、日本語対応が可能と書かれている美容院がある。

外から見た感じだと、どうやら日本人らしい人がいたので、日本人美容師に髪を切ってもらえるのだと思う。

私はこのことに気付かずに、チェンマイで髪を切ってもらったが、日本人が多く住んでいるということもあって、そこの美容師さんがカタコトの日本語を話すことができ、タイ人ではあったが、差し支えなく意思疎通もできたし、色々と町の話しを聞くこともできたので、それはそれで興味深く、結果的にはかえってよかった。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ