食の為に旅をするという生き方


世の中には、食に徹底的にこだわっている人もいて、その為に世界各国や、日本各地を回っているという人もいる。

確かに各地の食文化というのは、その食材が獲れている場所というのも関係しているので、いくら東京にいても本当の意味で、その別の国の食文化を体験しているとは言えないという部分もある。

更に言えば、その国の気候であるとか、建物であるとか、あるいは諸々の環境の中に身を置いて食べてこそ、本当の進化を発揮するという部分もあるので、その考えというのは、あながち間違っていないように思う。

例えば、東京で食べるパエリヤと、スペインのマドリッドで食べるパエリヤではまた意味が違うし、更にスペインの中でも、マドリッドとバレンシアとトレドでは、それぞれニュアンスが変わってくる。

こういったことを考えてみると、いくら国際化が進んでいるとか、※な社会ができていると言っても、まだまだ各地の特異性というのは残っているわけだし、それを上手に活用するために、旅をするというのは1つの選択肢として、十分に有りなのではないかと思う。

そしてただ単に、グルメを楽しむということだけではなくて、例えば健康の為にどこかの国に行くとか、そういった選択肢というのも今後出てきてもいいのではないかと思う。

例えば、イタリアの中には長寿の町というのもあって、その村では日本人の平均寿命よりも長く人々が生きているということが報告されている。

大雑把な解析というのはされているし、その中で例えばオリーブオイルとか、そういったものが健康に貢献しているのではないかということが指摘されたりもしているが、より深くそういったものを追及する為にその村に滞在して、しばらく過ごしてそれから健康診断を受けてみて、各種の数値を見てみるとか、そういったことを試してみるというのも一つの手段だと思う。

特にお金を持っている定年後の世帯においては、そういった形でお金を使って、健康に投資するというのも一つの考えかたとして、十分に有りなのではないかという風に思う。

もちろんそれだけではなくて、自然環境であるとか、諸々のことを考慮して住む場所を考えるということはあっていいはずだし、その中に食というのは、色々な意味で関わってくるものとして、捉えていく価値が十分にある。

グルメという部分で言えば、趣味として人生を楽しむために地中海料理を食べにフランスに行ってみるとか、本場のハンバーガーを食べにアメリカに来るとか、本物のトムヤムクンを食べにタイに行くとか、そういった選択肢というのは十分に考えられる時代になってきた。

どちらかというと、健康という部分を最近は考えることが多いので、食文化がただ単に豊なだけではなくて、栄養のバランスであるとか、日本人の体質にあっているかどうかというのも非常に気になる。

例えば、スペインの料理というのは確かに美味しいものの、油を大量に使っていることが多いので、日本人の体質にはあまり合わないのではないかと思う。

それに対してポルトガルの方がどちらかと言うと、付き合わせの食品等も含めて、栄養のバランスが整っていて、体の為にはいいのではないかという風に感じる。

こういったことと言うのは、ポーランドでも同じことが言えるし、逆に同じ東欧であっても、チェコはイマイチそういった配慮というのは薄いような感じがした。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ