夜の教会を眺めながら歩けるメルボルンの街




オーストラリアのメルボルンというのは比較的治安が良く、日が落ちてからでも安心して出歩くことが出来る。

先日であれば古い教会を見ながら特に用もなく、夜8時過ぎにブラブラしていた。

勿論、中心部から外れていけば段々寂しい場所に出ることになるし、そういった場所が安心かどうかということは分からない。

しかしながら、メルボルンの中心部にいる限りは人通りが途絶えるということはないし、よほど込み入った裏通りに入らない限りは、安心して夜であっても一人歩きが出来る。

更に言えばメルボルンの中心地というのはかなり面積的に狭く、すべて徒歩圏内で頑張れば済ませてしまえるくらいなので、裏通りといってもそこまで奥まったものがあるわけでもなくて、比較的道が短いとか、外の通りからも見えるような感じになっている。

こういった場所に旅行に行くと、必然的に街歩きをする時間というのは長くなる。

逆にジャカルタのようなあまり治安が良くなかったり、更に言えば車道と歩道の区別がしっかりしていないとか、歩道にもバイクがどんどん乗り上げてくるとか、そういった歩きづらい街。

更に言えば年中暑く、昼間であれば外を歩いているだけでも体力を奪われるようなところにいると、ホテルにこもる時間というのが増える。

そう考えてみるとメルボルンというのは歩きやすい街だし、これは同じオーストラリアのシドニーも同じこと。

シドニーにおいてもダーリングハーバーであるとか、或いは有名なオペラハウス周辺のボタニカルガーデンであるとか、或いはハーバーブリッジを眺めながら散歩をすることが多かったが、こういったところというのもやはり季節を選ばないと過ごしづらいということは感じた。

特に今の時期であれば秋から冬に移行している段階なので、外を歩いていても汗をかくことがなく、そういった意味では非常に快適な気候。

しかしその一方で確実に寒さが激しくなってきているので、これ以上5度とか10度とか気温が下がっていくのであれば、徐々に住みづらさが増してくるように感じた。

実際、シドニーからメルボルンに移動した後というのは一段と冷え込むようになって、特に小雨がぱらついたりしてくると朝方というのはかなり寒い。

こうなってくると快適さというのはかなり落ちてくるし、気分も落ち込むところがある。

そういった意味で言うと暑すぎるのは良くないものの、涼しげであるというのが一番快適な気温ではないかと感じている。

しかしながらその一番快適な気温である例えば20度くらいとか、そのくらいを一年中保っている街と言うのは、私が知る限りでは存在しない。

年中気候が一定という場所は極端に暑いか寒いかの二択になるので、こういった過ごしやすい気候がある街であるとか、或いは国というのは残念ながら季節の変動というものを伴うので、年中安定した気候を享受するということは出来ない。

そういった意味で言うとメルボルンに行った時期というのは、かなり良かったのではないかと思う。

夜であれば教会の中に入ることは出来ないので、あくまで外から眺めるだけということにはなるものの、また日を改めて中も見てみることが出来ればと思う。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ