メルボルン空港に早く着きすぎた




今回のメルボルンからクアラルンプールに行くのは深夜便ということもあって、夜の12時を回ってから飛ぶことになる。

しかしながら、この日は土曜日ということもあって、空港行きのバスがかなり早い時間に終わってしまって、午後6時には出なければいけなくなってしまった。

ということで、約6時間空港で潰すことになるし、先に食事とか、そういったものを買っておいて、空港で食べたり、あるいは仕事をしたりしようと思っていたが、思いのほか時間が有り余ってしまって、退屈だということに気付いた。

しかも、空港到着後早々に、エアアジアにチェックインしようとしたら、カウンターがどこも空いておらず、結果的にゲートをくぐる前に待たなくてはいけないのだが、そうするとカフェ等も見つからない。

更に言えば、国際線の出発ロビーには席も少ないので、空席を見つけること自体が難しく、仕方がないので下の階に降りて行って、到着口の方で席を確保したりとか、そういった形になってしまう。

しかもこの日は深夜便だったということで、実は午前10時にチェックアウトしてから、それ以降のホテルの予約というのは必要なかったが、誤って2泊分取ってしまい、1泊分が無駄になるところだった。

幸い、Hotels.comに連絡してみたところ、キャンセルが可能だったので、そちらはキャンセルしてもらって、余計な1泊分というのは、支払いはしなくて済むようになったが、こういったうっかりも起きてしまう。

ここら辺は深夜便のこ怖さだと思う。

考えてみれば以前に、日本からマレーシアに深夜便で飛んだ時も、同じようなことをしてきた記憶がある。

そういったことを考えると、どうも航空券の予約とか、ホテルの予約という部分については、あまり進歩していないような感じがする。

旅慣れれば、色々なことを起用にうまくこなせるようになると思っていたが、成長しないところというのはしないもので、忘れた頃に同じミスをするというパターンが多い。

そもそも私は事務的な作業には強くないし、そういった雑用的なことに魅力を感じないので、だいたい片手間的にやってしまうことが多いが、支払い関連の部分というのは、もう少ししっかりと取り組んだ方がいいような気がしてきている。

何にしても、あと数時間でオーストラリアを出て、南半球から北半球に戻るということになる。

更にクアラルンプールにも到着したら、その2時間半後にはジャカルタに向けて飛び立つということになって、実質的にはクアラルンプールではほとんど何もせずに、ただジャカルタに行きつくための経由地という扱いになる。

そして、オーストラリアとジャカルタの時差というのは、3時間あるので、例えばメルボルンが夜の12時であれば、ジャカルタはまだ夜の7時ということになる。

この3時間というのは、短いようで意外に大きいのではないかということを今現在は予測しているが、実際どうなのかということは、現地に行ってみないとわからない。

今日も夕食を意図的に遅らせて、いつもは6時ぐらいに食べているところを、8時ぐらいに食べてみた。

これは、ジャカルタに行ってからの生活のことを考えて、今のうちに徐々に向こうの時間帯に合わせているということ。

それが功を奏するかどうかということはわからないが、どうにかうまく対応できればと思っている。

海外を移動する上で、時差というのは避けられない問題なので、そこら辺は今後の課題になっていく。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ