身軽に生きるための準備を本気で行ったら、人生がおかしな方向に




この3年ほど、身軽に生きることを考えてきた。

シンプルミニマムな暮らしをするため、
身の回りの品も大量に処分した。

最初は持ち物を減らすだけからスタートしたのが、
どんどん発展して今では自宅すら持たずに
各国を転々とすることになった。

それもほとんどの日本人は考えもしない保険までかけながら。




身軽に生きようと思ったきっかけは、
日本を出てマレーシアに移住したことだった。

国際配送が面倒という理由から、
手荷物だけで引っ越していったので、
おのずと荷物は少なくなった。

さらにマレーシアではコンドミニアムに家具が完備されているので、
自前で揃える必要がない。

そのまま住み続ける予定もなかったので、
また他の国に移ることは漠然と予期していた。

それを実践のがフィリピン移住で、
再び手荷物のみで移住。


2年以上に及んだマレーシアでの暮らしの中で、
案外荷物が増えていたのでこの時に大量処分をした。

服は7割以上捨てた。



そしてフィリピンに1年住んだ。

身軽に生きることを信条にした結果、
もう手荷物だけで移住できるようになったし、
何なら家を持つ必然性も感じなくなった。

ホテルを渡り歩くほうが楽な気さえしてきたし、
定住生活をためしに捨ててみる時期がきたような感じがする。



ということで、
コンドミニアムの期間満了とともに部屋を去り、
世界一周の旅を兼ねて非定住生活を始めた。

別に世界をぐるっと周ったら終わりというわけでもなく、
いつ定住生活に戻るかは未定。

さすがに一生続けることはないと思うが・・・。



身軽に生きるというのが発展してきたら、
まったく思いもよらない展開になってきた。

私自身、こんな風になるとは思わなかったし、
意外性がありすぎる。

マレーシア移住の1年前には
海外生活を送るなんて思っていなかった。

フィリピンに住み始めた時だって、
1年後に自宅を持たない状態になるとは予想していない。

ちょっと身軽に動けるようにしたつもりだったのに、
本人の思惑すら越えて事態が動いている(苦笑)。



幸い、ウェブマーケターとしての仕事は
どの国にいても継続できる。

クライアントと直に会う必要もないし、
複数の収入源を確保できた。


ということで、
これからがどうなるかは流れに任せつつ、
自然の成り行きで行き着く所に行ければいいと思う。

海外移住とか非定住生活とか、
かつての私には非現実的に見えた生活も
今では普通の暮らしの一部になった。

条件さえ整えば、そんなものなのだと思う。



いつの間にかパーペチュアル・トラベラーになっていた時には、
さすがに驚いたが(笑)。

結果的に、そんなポジションに入っていたとは。



ただし、足元を固めずに進んでいくだけでは怖いし、
身軽でさえあればいいわけでもない。

慎重に、堅実に生きたい気持ちもある。

どちらかと言うと、私は安定志向なので。

今の生き方を見ると信ぴょう性が限りなく0に近い(苦笑)。


そして保険をかけてきた結果として、
住める国を増やしておくことにした。

日本人として日本で生まれた段階で、
当然日本にはいつでも住める権利がある。

それに加えて、
第二、第三の国を確保しておきたいと思った。



各国をウロウロしながら生きていく中で、
ビザの必要性や居住地の確保について考える機会が増えたので。

結果、マレーシアではリタイアメントビザのMM2Hを、
フィリピンでは永住権のクオータービザを取得。

守りについても固めてきた。



身軽に生きると言っても、
完全にノーガードの状態では無謀なだけ。

そのための保険として、
ビザを取るという行動を取ってきた。

残念ながら、あまり理解されないものの、
これからの時代を生き抜くにはそんな対策も必要だと思う。

3.11で明らかになったように、
今後も地震や原発のリスクは日本に付きまとう。

その時に身動きが取れないというのは避けたかった。



ということで、現在は自宅もない状態でありながら、
ビザだけは2カ国で取得した。

他の国にも広げていくことも考慮したものの、
手間やコストを考えるとここで打ち止めにするのが妥当という結果に。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ