フィリピンのスーパーでモリンガを買ってみた




奇跡の木とも称され葉っぱから根っこ、茎まで捨てるところがないと言われるほど重宝されているモリンガという植物がある。

詳しいことを知っていたわけではないが、どうやらお茶にしたりパウダーやサプリメントの錠剤にして飲むのが一般的だと思っていたが、それらしいものをルスタンスというセブやマニラなどに展開しているフィリピンのスーパーで発見した。

当然ながら日本語でモリンガと書いているわけではなく、英語表記のみでそれを見る限りモリンガと強引に読めないこともないが全く関係ない植物である可能性も否定できず、かなり怪しげな印象だった。

その時には購入せずに帰ってからモリンガの英語のスペルを調べてみたが、どうやらやはりあれがモリンガだったという結論に至った。

そこで翌日になってルスタンスに行ったのだが、売り切れてしまっていたので同じくアヤラセンターの中に入っているメトロというより巨大なスーパーマーケットっとで探したら無事見つかった。

とりあえず3束ほど買ってみたが1束が20ペソほど日本にするとだいたい50円位と激安だった。

薬草のようなものだと思っていたのでもっと高価なイメージがあったが、フィリピンで購入すると相当に安い。

そして買ったはいいもののどのように飲めばいいということを調べてみると、どうやら一般的なのは茎から葉っぱをとってそれを炒めて水分を飛ばし茶葉にしてからティーパックに入れてお茶として煮だすことらしい。

しかしながらこれはかなり手間がかかる。

まず葉っぱだけを取り出す事自体がかなり一苦労。

しかもその後水分を飛ばすために粗煎りしなければいけないので、これも手間になる。

ということでいかに手抜きをするか考えたところ、茎も含めてそのまま煮込んで正確にはお茶ではなくてもその煮だした汁を抽出してしまえばといいのではないかという結論に至った。

最初は袋から出してモリンガを洗っていたが葉っぱがどんどん落ちて流しの中に散らばっていくので、途中からは袋に入れたまま一束分を全部洗い、必要な分だけ洗ったあとで袋から出してそれを3つほどに切ってミネラルウォーターの中に入れそれをフライパンで加熱することにした。

ちなみに今の自分のコンドミニアムではガスではなくIHヒーターが使われているので、電気で加熱するタイプとなる。

マレーシアではガスを一切使うことはなかったし、マニラにおいても同様。

そう考えると料理というほどではないがこうして火を使って何かをするというのはもう何年ぶりになるかわからない。

少なくとも海外生活を始めてからは最初の体験となる。

お湯が沸騰したあたりで火を止め、そのまましばらくふたをしたままで放置してからあとは冷ますために蓋をとって熱くなくなった頃にモリンガの葉っぱや茎を外に出し、葉っぱの一部は食べるがとても全てを食べきることはできないし、筋のようなものも含まれていてちょっと太めの枝だと消化に悪そうなので大部分については捨てることになる。

そして汁の部分が冷えてきたところで水代わりに飲んでみることにした。

モリンガのお茶というより正確には茹で汁になるが、これを飲んでいくことでどのように体調に変化が出るかということを見ていきたい。

万能薬のような位置づけで語られることもあるので、特定の体の変化を短期間でもたらすようなものではなさそうだし、これが漢方やアーユルヴェーダでいうとどういった役割をモリンガが果たすのかというところもなかなか興味がある。

そこら辺については今後気が向いたら調べるとして、とりあえずモリンガ茶を飲むことを当面の習慣にしてみようかと思う。

セブ滞在中だけでも残り3ヶ月ほどあるので、実験期間としては悪くない。

残念なのはたとえ効果を実感することができたとしても、セブを出るとなかなかこうして生のモリンガを買って加熱調理するような機会はないということ。

とはいえ多少なりにも効果が出るのであればなかなかおもしろいところだし、サプリなどに切り替えることを考えてもいいのでひとまずは自分の体を使ってテストしてみることにした。


ページの先頭へ