セブ島のモーベンピックホテルに住むのは見送った




元々は、ヒルトンホテルとして営業していた建物が、現在ではモーベンピックホテル&リゾートとして使われている。

こちらはリゾートホテルなので、当然ながらレストランも備えており、以前に海沿いのレストランで食事をしたこともあれば、投資用の不動産を探していて、視察に行ったのがモーベンピックホテルの、居住棟の一室だったこともある。

こちらはホテルだけではなくて、レジデンスエリアもあるので、そちらの一室が売りに出されており、そこを見に行ったことになる。

ちなみにレストランは、複数入っている模様で、私が行ったところは、ワインと焼きパイナップルが美味しかったのが印象的だった。

正直それ以外の料理に関しては、何を食べたのかよく覚えていない。

味は平凡という印象だったが、とにかく雰囲気がよく、レストランの名前も、確かイビサとなっていたが、正にスペインのクラブ文化をイメージした感じの国になっていた。

元々フィリピンは、セブの植民地だった歴史もあるので、スペイン料理等もそれなりにレベルも高いし、文化的な繋がりを感じさせる。

そして今回、賃貸用のコンドミニアムを探していて、内見を行っていたが、その中の一つがモーベンピックホテルの居住棟だった。

どうやら、ホテルとレジデンスの部分は棟が違うようで、騒がしい宿泊客と同じフロアや、上下の部屋に住まなければいけないということはなさそうなので、その点はかなり高評価だったし、当然ながら共有施設の部分は使えるわけなので、プール等を利用したり、吹き抜けになっていて、とても綺麗なロビーを使ったりすることができるというのは、モーベンピックホテルの大きな強み。

それ以外の内見した物件というのは、すべて典型的なコンドミニアムだったので、モーベンピックホテルに対抗できるほど、共有部分が充実している物件はなかった。

以前宿泊したアバカホテルも、モーベンピックのプールからは望むことができ、立地はなかなか興味深かったものの、やはり問題となるのは食事をする場所あった。

ここはホテルリゾートだけあって、当然ながらレストランの金額というのは、かなり高くなってくる。

どちらかというと、日常の食事というよりは、リゾートに来て羽を伸ばして、楽しむための施設となっているので、食事を全てここで済ませるというのは、かなり非経済的。

というよりも、そこまでするのであれば、もはやアジアに住むメリットというのも、あまり感じなくなってしまう。

では、モーベンピックホテルの近くには、レストラン等がないかというと、残念ながらほとんど存在しない。

セブ島の中でもマクタンのこの辺りのエリアというのは、基本的にホテル内で楽しむか、もしくはタクシーやホテルからの送迎で移動するのが常となっており、ではランチとディナーのために、わざわざ毎日タクシーを呼んで移動をするかということを考えると、それはそれで車酔い等の心配もしなければいけないし、ストレスになる。

結局そういったこともあって、セブ島での滞在先は、モーベンピックホテルではなく、アヤラセンターの近くのコンドミニアムに決定した。

元々オーシャンビューの部屋とか、ビーチリゾートっぽい物件を求めていたわけではないので、これは妥当な決断だったと思う。

確かに1泊や2泊するのであれば、楽しいところだと思うが、数ヶ月に渡って、海の目の前で暮らしたいとは思っていないし、現実的に考えると、海からの照り返し等は、眩しかったりするリスクもあるので、そういったことを考えると、あまり魅力を感じなかった。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ