無条件で海外移住できる国




ビザの制約等を受けることなく、
無条件で移住できる国が海外にはいくつかある。

たとえばマレーシアやフィリピン。

これらの国は特別なビザを持っていなくても
1年程度なら住むことは可能。



ただし、厳密な意味で無条件なわけではなく、
当然多少の制約は設けられている。


マレーシアなら90日以上の連続滞在はできないし、
フィリピンは入国の際に観光ビザが押されるので
それを21日後に更新し、
その後も39日後等のいくつかの段階で更新する必要がある。

更に言うと、フィリピンは出国用の航空券がないと
基本的に飛行機の搭乗を拒否される。

たとえば、羽田空港で帰りの(もしくは第三国に出国するための)
航空券の呈示を求められ、
それがないと飛行機に乗ることができない。



私の場合、シンガポールのチャンギ空港からマニラに行ったので、
その時にはマニラからシンガポール行きの片道航空券を買っておいた。

そのチケットは使われることなく、
その分の料金はムダになる形に。


以前はタイガーエアを使うとコタキナバル行きのチケットが
3000円ぐらいで取れたらしい。

それを捨てチケットにすることができたのが、
今ではマニラーコタキナバル間の移動は
シンガポールをはさむように変更されているので
移動時間・料金共に上がってしまった。


時の移り変わりはこうした問題を頻繁に引き起こす。



ビザの問題も同様で、
マレーシアやフィリピンにしても
いつまでも無条件で移住できるとは限らない。

多くの国においては、
厳格な条件を課しているわけなので。


ちなみに、どちらの国も何年か住もうと思ったら
リタイアメントビザや永住権等を取らないと厳しい。

この点では完全に無条件なわけではないので、念のため。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ