ミャンマーに移住した人から聞いた意外な話


現在、ミャンマーに移住してヤンゴンにて駐在員として
暮らしている人の話を聞くことができた。

その人が言うには、
この1年ほどで在留日本人が500人から2000人ほどに増え、
日本企業の進出が積極的に進んでいるという。

国の形が変わっている状態にあるので、
こうした大幅な変化が起きるのも不思議ではない。


私が以前に住んでいたジョホールバルだと
1000人ほどの日本人住民がいたので、
その倍の人数ということになる。

ただ、ヤンゴンの人口との対比で考えると
まだまだ少ない。

何しろジョホールバルは人口が130万人台なので。



ミャンマーに移住して住み心地がどうか聞いてみたら、
和食レストランは増えつつあるものの
金額は3000円ほどするらしい。

現地の人が展開している店なら安いものの、
こちらは質が落ちるので日本人が満足できるものではなく、
美味しい日本食を食べるのはかなりコストがかかる。



たしかに海外で和食を食べようと思えば
現地料理より金額が張るのは当然のこと。

とは言え、
マレーシアであれば500円から定食が食べられるし、
マニラでも600円程度から。

それに比べると、
ヤンゴンの物価は決して安くない。



国の経済発展度の度合いと物価は必ずしも比例しないので、
こうした不均衡が起こることになる。

ホテル代も同様で、
隣国のタイの首都、バンコクで5000円程度の格のホテルが
ヤンゴンでは1万円以上すると聞く。

ミャンマーにビジネスや旅行で来る人が増え、
供給が需要に追い付いていない結果として
このような不思議な現象が起こっている。


言うまでもなくヤンゴンよりバンコクのほうが
はるかに経済的に発展している。

しかし、物の価格では部分的に逆転現象すら見られる。

特に外国人向けのサービスは供給不足で
値段を釣り上げてもやっていけるのだろう。

ある種の殿様商売が成り立つフェーズにあるのだと思う。



インフラはまだまだ整っていないらしく、
ネット回線も頻繁に途切れてしまい、
住みやすそうな環境ではないよう。

現地での仕事のために移住するならともかく、
単純に生活の場として選ぶにはメリットが感じられない。

新興国の中でもインフラや環境がある程度整っていないと
さすがに住むには厳しい。


私がフィリピンに住んでいるのも、
国内一の商業エリアで環境がいいから。

フィリピンの大部分を占める外国人向けではないエリアなら
住むのは見送っていた。


まだまだヤンゴンはそのレベルではないだろうし、
暮らしていくには難しいのだと思う。



ミャンマーに移住することは特に考えていなかったが、
話を聞く限りではますます理由が見当たらない。

一度旅行に行こうと思っていたものの、
その動機すらなくなってきてしまっている。


というのも、
ミャンマーといえば黄金寺院が見所と思っていたのに、
バンコクのワットプラケオや
ラオスのビエンチャンでタートルアンを見たので、
もう満足してしまった。

改めて似たようなものを見に行く気も起こらず、
わざわざヤンゴンを訪れるモチベーションが低下している。

そのうち行くとは思うものの、
当面は特に考えていない。



特に用があるわけでもないので、
そのうち気が向いた時に訪れるぐらいでいいと思っている。

今はアジアの雰囲気に慣れすぎてしまい、
だんだん旅行への情熱も薄れているし、
一度アジアを離れたら訪れたくなるかもしれない。

移住先としては候補でもないし、
ミャンマー旅行もだいぶ先になることもありえる。

そのくらいの位置付けでいいのではないかと。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ