マニラの内装工事の問題点(マカティに住んでわかったこと)




フィリピンのマニラに移住をして、コンドミニアムの内装工事についても、色々と思うところがあった。

私の場合は、マレーシアで2年ほど暮らした後に、首都マニラの商業地域であるマカティに引っ越した。

更に言えば、フィリピンには投資修業の目的でも行ってるので、マカティ市内でも、様々なコンドミニアムを見たり、セブには不動産を購入したりしている。

また、投資仲間からも、マニラの不動産については、色々と話を聞くことは多いが、ここでは内装工事というポイントに焦点を当てて、二つの問題について言及しておくことにする。


のびのびになる納期

新興国やフィリピンという国のイメージの通り、マニラのコンドミニアムは、内装工事に限らず、当初の予定よりも遅れることが少なからずある。

私の投資仲間たちも、マニラで購入した物件に関して、プレビルドの物件の場合、たいていは当初よりも引き渡しの時期も遅れるし、物件の進捗というのも遅れていく。

それに伴って、内装工事の着手時期も遅くなるし、しっかりとチェックしてくれるような業者だと、内装工事終了の連絡を受けてから、彼らがチェックした時に、問題点を発見して、またそこから修正作業に入るので、尚更納期が遅れていく傾向にある。

そのため、プレビルドの物件の場合は、完成時期は目処というか、あくまでも参考程度の物として、余裕を持った資金繰りをしておく必要がある。

家賃収入が入ってくることを当てにして、キャッシュフローを組み立ててしまうと、完成時期や引き渡しが遅れた時に、致命的な問題になり兼ねないし、実際それで支払いが厳しくなり、泣く泣く破格の値段で手放さざるを得ないという人も見てきた。

海外不動産投資の場合、他にも為替の問題とか、そういったリスクもあるわけなので、資金には余裕を持って、ローンを組んでおく必要がある。


新築のコンドミニアムに住む場合の注意

2つ目の問題点としては、マニラでは内装工事をする際に、周囲の迷惑というのを、あまり省みることがないということ。

これはフィリピンに限らず、新興国全般に共通して言えることだが、基本的に人権とか、個人の権利というものは、先進国において意識が高く、新興国ほどそこら辺については、気にせずにやっているという感じがする。

例えばジャカルタでは、夜の12時を過ぎても、関係なく工事をしているし、それでもどうやら苦情は来ないらしい。

バンコクにおいても、周囲が住宅街であるにもかかわらず、なぜか深夜になってから、工事を始めることがあり、夜中の2時頃に目が覚めたこともある。

日本ではなかなか考えられないことだが、新興国ではこういったこともある。

私がマカティで住んだ物件というのが、まだ新築だったので、他に内装工事をしている部屋があり、さすがに夜中にやるようなことはなかったが、粉じんが舞うような作業をしているのに、ドアを開けっ放しにして、廊下一帯がモクモクと煙に覆われているようなこともあった。

当然ながらドアを開けているので、騒音もひどく、空気は悪くて音はうるさいということで、仕方がなくその日は、家にいるのをやめて、外に出ざるを得なかった。

新築の物件では、他の部屋の内装工事に伴い、こういったトラブルに見舞われることもこともあるので要注意。


物件の価値を高める内装とは?

マニラにはコンドミニアムが乱立しているため、
物件の差別化ができないと借り手を見つけるのが難しい。

大型コンドミニアムだと1,000室以上、
一般的な規模でも数百室が同じ建物内にひしめくため、
内装で他の部屋との違いを際立たせる必要も出てくる。

インテリアで他の部屋と差を付けることができれば、
同じコンドミニアム内でも人気物件にすることは可能。

結果として空室期間を短くできるし、
高い賃料設定をすることもできる。



すでにマニラの不動産は陳腐化が進んでいるため、
特徴を付けるというのは家賃収入を得るために必要なこと。

そのために内装工事のレベルを上げることは
効果的な手段となる。

マニラで活動する日系の内装業者で
信頼できる会社を知りたい場合は以下から連絡いただけば
確認後に返信させていただく。

内装業者の紹介希望の場合はこちらから

なお、私からは会社名を伝えるだけなので、
担当者に取り次ぎはしない。

そのため、その業者への連絡はご自身でどうぞ。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ