ニートが起業するなら


ニートが起業すると言えば、多くの人は笑うかもしれない。しかし、現実的に考えた場合、その可能性は決して低くない。

というのも、従来型の起業、つまりリアル世界でビジネスをしようと思うと、社会人経験や業界での経験が必要とされることが多い。この点でニートは決定的に不利。

しかし、ネット世界においてはニートであっても、起業において不利な状態にはならない。むしろ、それをブランディングに使っているケースすらある。「ニートでも◯◯円を稼いだ方法」のようにして、プラスに持っていっているケースもあるのだ。

ネット世界で起業するには、パソコンさえあればいい。職場は自宅で十分なので、わざわざオフィスを用意する必要もない。極端な話、家から一歩も出ずに稼ぐことができる。周りからは相変わらずニートをしているのに、実は稼いでいるということもあるのだ。

事実、私は近隣住民から見るとニートの疑いが強いだろう。コンドミニアムの警備員からは、「学生?」と聞かれたこともある。もう30を過ぎているのだが、働いている様子もないので仕方ないだろう。

では、稼ぎも見た目に比例しているのかというと、そんなことはない。人を雇わない気楽な身でありながら、私は上場企業の役員レベルで稼いでいる。起業というほどおおげさなことはしていないが、そんなことが可能なのだ。

私も稼ぎ方を色々な人に伝えてきたが、正社員が優秀という印象はない。ネット世界で稼ぐ場合には、基本的に自分で自分を管理しなくてはいけない。正社員は上司や同僚に監視された状態で働くのが得意なだけなので、一人になると途端にサボることが多い。

そういう意味では、ネット世界で起業するならニートも正社員も変わらないだろう。他人に監視されずに自主的に行動する力は、職業とはあまり関係ないというのが、これまで色々な人を見てきた感想。

パソコンとネット回線だけで起業ができる。この条件は誰に対しても平等に与えられている。そのチャンスを活かすかどうかは、自分次第。

ただ、時間のない正社員が副業で始めるよりも、時間のあるニートの方が単純に有利というのはあるかもしれない。使える時間が多いということは、それだけ結果を出しやすくなるのは事実なのだから。

具体的な方法はこちらを参考に




メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ