海外で年金生活をする意味はすでに変わった




かつては仕事を引退してから、海外で年金生活を送ることによって、低コストで生きていけるということが言われていた。

その先としては、東南アジアのタイやフィリピン、マレーシアの他、インドネシアやベトナム、カンボジア、更に言えば、台湾やオーストラリアに移住する人もいる。

しかしながらそのイメージが、引きずられている一方で、どんどん世界の情勢というのは変わっている。

例えば、オーストラリアの物価について考えれば、今では日本よりもずっと高くなっている。

これまでインフレを続けてきて、物価が高くなってきたオーストラリアに対して、日本はデフレが長かったため、いつの間にか物価は逆転。

もし仮にオーストラリアに移住しようとすれば、普通のピザやハンバーガー等の食事をするだけでも、1食で3千円ぐらいは覚悟しておかなければいけない。

徒歩30分程度の距離の地下鉄に乗っただけでも、片道500円とか、日本よりも遥かにコストはかかる。

あまり多くない金額で年金生活をするため、支出を抑えたいということであれば、オーストラリアは夢のまた夢ということになる。

確かに今でも移住先として人気国の一つではあるものの、実際にそこに移り住む人は、そこまで多くはなく、憧れだけで終わる人が多い模様。

実際ビザの壁であるとか、物価のハードルによって、かなりの人数は淘汰され、そして現地で就労等しても、思っていたような暮らしはできず、貧乏生活を余儀なくされることに嫌気がさして、別の国に向かった人の話も聞いた。

東南アジアはどうなのか?

私もこれまで、フィリピンやマレーシアに住んできた。

これらの国であったり、あるいはタイにも頻繁に行っているが、確かに当初は物価の安さに驚いたし、快適に過ごすことができた。

海外移住の中でも、新興国に住むメリットの一つは、やはり生活費を下げることができるということ。

しかしながら、新興国ということもあって、当然ながら経済成長を遂げているし、インフレも継続的に続いている。

その中で物価は確実に上がってきているし、更に円高から円安に切り替わったことによって、一気に風向きが変わった。

例えば1ドル80円だったころと比べると、1ドル120円になった段階で、ものの価格が1.5倍に感じられるようになったことになる。

日本に住んでいると、株価が上がったとか、不動産価格が上昇しているとか言っているが、ドルベースで考えた時にはそうでもなく、むしろ日本円が弱いということを、海外で暮らしていると感じる。

何しろマレーシアにしろフィリピンにしろタイにしろ、お金を払う時に円ベースに換算し直すと、5割増しぐらいになっているのだから、これはたまらない。

例えば、和食レストランで食事をすれば、1食あたり千円程度はかかる。

日本人は現地では、外国人扱いになるわけだし、お金持ちの国民と見られているので、それなりにセキュリティのしっかりとした住居じゃないと、安心して住むことはできない。

下手なところに住むと、空き巣や強盗等に入られ兼ねないので、安物買いの銭失いということになる。

こういった綺麗な、そしてセキュリティのしっかりしているコンドミニアムに住めば、やはり家賃も月に6万円〜7万円程度はかかり、少しグレードが上がれば、家賃は月に10万円を越えたりとか、そういったことも普通にある。

ということは、年金生活を低コストで送るという時に、東南アジアを選んだところで、実を言うと、大きく生活費が下がるわけではない。

むしろ日本で地方都市にでも住んだ方が、コストを下げることができる場合もある。

多くの場合、日本人が移住するのは、それぞれの国の1等地、またはそれに準じる場所なので、新興国の人件費が安いとか、現地の人の給料が安いといっても、彼らと同じ生活水準で暮らすわけではない。

そう考えると、結局まともに日本人として、海外で暮らすのであれば、日本の地方で暮らすのと変わらないか、もしくはむしろコストは上がってしまう傾向にある。

ただし、海外ならではのメリットも

そうは言ってもこれは単純に、金額だけを見た場合の話で、もし新興国で暮らすのであれば、当たり前のようにジムやプールが付いているコンドミニアムに住むことができるし、場合によってはダーツとか、ビリヤード台等が共有スぺースに設置されていることもある。

実際私がフィリピンのマカティに住んでいたのは、そういったコンドミニアムだった。

10万円も家賃を出さなくても、そういったコンドミニアムに住めるということを考えれば、日本で年金生活をする場合よりも、明らかに住居の質は高いことになる。

また、新興国というのは、それだけ経済発展が著しく、首都の中でも活気のあるエリアというのは、多国籍の料理を楽しむことができる。

日本でも、東京以外の町であれば、そこまで食の多様性というのは、ない都市の方が多いが、こういった点で、年金生活をそこそこのコストで、最大限に楽しむという意味では、まだまだ海外は活用のしがいがある。

こういったことの他にも、フィリピンであれば、メイドさんを月に1万円から3万円程度で雇うことができるので、家事から解放されるというメリットもある。

もし日本で住み込みのお手伝いさんを雇えば、月に30万円程度はかかるらしいが、これは多くの年金生活者にとっては、無理な負担であるはず。

しかし、1万円〜3万円程度であれば、払ってもいいと思える人も少なくないのだろう。

ちなみに金額の幅は、メイドさんの質ということの他に、フィリピンの中でも、地域によって所得水準が様々であるということが挙げられる。

例えば、フィリピンのマカティであれば、比較的メイドさんの給料というのも高くなるので、3万円程度になってくるし、これがセブ島であれば、2万円ぐらいが妥当な金額になる。

一部の会社は、日本語を学んだメイドさんを育成したりもしているので、英語でのコミュニケーションで自信がないのであれば、そういった会社を選んで、派遣してもらうという手もある。

もっともメイドさんに頼む仕事というのは、かなりの部分がルーティンだと思うので、安いということを考えると、完璧を求めることはなく、そこそこに仕事をしてもらえたらいいと思っておく方が、精神衛生上は望ましい。

老後の挑戦としての価値

海外で年金生活を送るということの、金銭的、経済的なメリットは薄れていると言ったが、それ以外の価値というのは、依然として残っているし、実際私も当面日本に戻ろうということは考えていない。

特にリタイアメントをして、急激に認知症が進むとか、人生にやりがいを感じなくなる人というのは多いが、新しく海外で暮らすようになって、それが刺激になったという人は多い。

実際問題として、海外に住んでいる60代、70代の人を見ていると、明らかに日本の高齢者よりも、元気で活発な印象を受ける。

そういった人生を求めて、海外に出るというのも、一つの選択肢だと思うし、年金だけに頼るのではなくて、例えば退職金とか、これまでのお金を上手に海外で運用して、生活費に加えていくということも一つの手段。

日本と違って、海外であれば、貯金をしておくだけでも、年に6%の利子が付くとか、そういった銀行もあるわけなので、手持ちの資金をうまく使うことによって、実質的な生活コストを下げることはできる。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ